TEL

野球施術 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

野球施術

≪野球施術はあらゆるスポーツ障害に強い加古川のこやま整骨院までご相談を!≫

野球施術については野球というスポーツに対する深い知識が要求されます。野球施術で加古川のこやま整骨院をご来院いただく選手には肘や肩の故障でお悩みの方が多く見られ、ピッチャーをしている選手が比較的目立ちます。ピッチャーは試合での投球数などが多い為、他の選手に比べて圧倒的に怪我のリスクが高いです。

・野球肘(上腕骨内側上顆炎) ボールの投げ過ぎで肘の内側に痛みがあり炎症が起こることです。この症状はよくプロ野球選手でもなっている方はいますよね。原因としては肘の内側で骨同士がぶつかって痛みが出るか、靭帯や腱や軟骨が痛む場合があります。

・野球肩(インピンジメント症候群) 関節には袋があり関節の動きを良くしたりする滑液がはいっている滑液包や関節包があります。野球肩ではその滑液包や関節包意外にも棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の回旋筋腱板(ローテーターカフ)が痛みを出すことが多いです。無理な筋肉の動かし方やオーバーワークにより筋肉や他の軟部組織が痛みます。

バッティングではホームランを狙う打者などが怪我を起こしやすいです。しっかりミートしたらホームランや長距離打を打てるのですが、空振りした時が問題です。

・腸骨稜裂離骨折 野球のでフルスイングをして空振り時に起こることがあります。腸骨稜はズボンをひっかけているところからおしりにかけてで「コシボネ」といわれています。腸骨稜に外腹斜筋というお腹の筋肉がついており、その筋肉が引っ張られることで起こります。

また下半身は盗塁時や走塁時にベースを踏んだ時の捻挫、練習での過度のランニングにより怪我をすることがあります。

・肉離れ 瞬間的に爆発的筋力で盗塁するので起こりやすいです。筋肉は収縮することしかできないもです。しかし地面を蹴り込んだ瞬間筋肉が引き伸ばされて起こります。肉離れでもⅠ度Ⅱ度Ⅲ度とあり3度になると完全に筋肉が断裂し激痛がはしります。

・足関節捻挫 足首は内側に曲げる角度は大きいですが、外側に曲げれる角度は小さいです。走塁中でベースを踏んだ時に起こります。走塁中の身体の軸はベースに直角ではなく斜めになり遠心力をつかいスピードを殺さないようにします。その時踏むところもベースの端っこになるので足首にとって不安定になります。そうすると内側に曲げやすいが内側に曲がる可動域以上の捻挫をしてしまいます。靭帯、腱、筋肉、関節包、骨膜などの損傷を負いその程度も様々です。

他にもヤンキースの松井秀喜選手がダイビングキャッチで手首を骨折したのもありますし、稀ですが選手同士の衝突、デットボールによる打撲な様々ありますよね。

野球施術はケガや不調があらわれた際の対応も大切ですが、未然に防ぐことが最も大切なことだとも言えます。例えばピッチャ―で良く起こる野球肩や野球肘です。これはフォーム・筋肉の疲労度・筋肉の柔軟性・関節の柔軟性・身体の連動性による力の入れ方。すべてが悪いと100キロを投げるのに今までなら100%で投げてたのを120%で投げないと行けなくなります。それを繰り返すと松坂大輔選手のように肘も肩も怪我します。松坂選手の時代は一人のピッチャーがとことん投げ切るような試合の仕方だったのもあり余計に重症度が高くなります。加古川のこやま整骨院ではスポーツをしている方を全力でサポートするために、正しい姿勢や身体の動かし方・身体の連動性力の力の入れ方などについても丁寧にご指導し、ケガや不調がおこりにくい身体づくりもお手伝いしております。定期的なボディメンテナンスで練習や試合での疲労を溜めないようにし、関節の可動域・筋肉の可動域を広げて・筋肉の柔軟性をつくり動きやすい身体へと導いていきます。パフォーマンス向上を目指したいというご要望にもご対応が可能ですので、ご希望の方は加古川のこやま整骨院までお気軽にお問い合わせください。