TEL

スポーツ障害 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

スポーツ障害

≪スポーツ障害早めの治療を!≫

スポーツ障害はスポーツをしている方にとってはとても悩ましいものですが、ケガや不調が起こった初期の段階で正しい知識で適切な処置を行なえば、悪化を防ぎ早期回復も目指すことができます。しかし、1週間で治るような怪我を2、3か月かけて治すようなことがよくあるのも事実です。「少しくらい根性で乗り切れる!」「我慢をすればそのうち治る!」といった根性論を提唱する指導者もいますが、その結果、将来的に運動ができなくなるほど悪化してしまう選手もいます。

こやま整骨院では、できるだけ選手の要望に応えられるように、トレーニングやテーピング、エレクトロアキュスコープによって、練習をしながら治していけるような治療を提案したいと考えています。またその場合、将来的なリスクが高くなる場合は必ず選手とご家族にも、症状についてのご説明をさせていただき、最も良い選択ができるようにアドバイスさせていただきます。

私自身も学生時代にテニスをしており、よく怪我をしていました。(足首の脱臼骨折、股関節のはく離骨折、手首の骨折、肩の脱臼、足関節と膝関節の成長痛等々・・・)足首の捻挫により脱臼骨折をした際は、手術とリハビリで、全治3か月の診断をうけ愕然とした記憶があるのですが、実際にはテーピングをしながら1か月後からテニスをし、その時の痛みや運動制限について、治療をすることで大幅に回復させれることも経験しています。

あくまでこれは自身の経験なのですべてに当てはまるわけではありませんが、これまでの治療経験や自身の怪我の経験も活かしつつ、できる限り選手にとって最適となるような治療を提供していきたいと思っております。

 

 

アキレス腱のテーピングの一例

 

 

ご希望の方にはカラーテーピングを使用しています

 

 

プロアスリートのコンディショニングをしております。

加古川のこやま整骨院では、練習や試合前のテーピングなども朝7時30分からご対応可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

スポーツ障害に関するコラム

スポーツ障害のコラムはこちら