TEL

長引く膝の痛みの原因 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2017 8月の記事一覧

長引く膝の痛みの原因

2017.08.10 | Category: スポーツ障害

こんにちは!
加古川市の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
今日は特に多くみられる膝の痛みについてお話しします。
まず、膝の痛みと言っても年齢によって起こってくる疾患は変わってきます。
小・中学生ではオスグッド・シュラッター病といって以前にもお話ししましたが
太ももの前の筋肉の収縮力と、筋肉の付着部の耐久力のバランスが悪い場合に
起こる病気でしたね。
また部活動やクラブチームに入って活動量が増えてくると半月板の損傷が起こりやすかったり、
お皿が痛くなったりする有痛性分離膝蓋骨などもありました。
最近ではスポーツに力を入れている学校が多く、選手の成長期のタイミングの違いによって、
練習によって競技力が向上する選手もいれば、怪我を繰り返すような選手がいるのが現状です。

さて、今日お話しするのは神経痛による膝の痛みです。

神経痛で膝が痛くなるの?と疑いたくなる方も多いかとは思いますが、最近では半月板やオスグッド、腸脛靭帯炎などによって膝に痛みが出ていると診断されていた方が、実は筋肉や関節内の問題だけでなく、神経痛によって痛みが起こっているということが良くあるのです。

神経痛と聞くと、お年寄りや年配の世代で多い症状だと思っている方が多いようですが、
実はかなり幅広い年代でもみられ、安易に関節由来の痛みと診断するのではなくかなり慎重に
鑑別診断が必要だと考えます。。
実際に、先ほどお話しした、オスグッドシュラッター病や有痛性分離膝蓋骨、半月板損傷や腸脛靭帯炎
の治療方法と、神経痛の治療方法では、まったく異なった内容となります。

1度治療していただくだけで、痛みの原因についてはしっかりとご説明させていただきます。

長引く膝周囲の痛みでお困りの方、成長痛で諦めている方は一度ご相談くださいね♪