TEL

マタニティ | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

マタニティ

≪マタニティの方にもご対応可能な加古川のこやま整骨院で楽しいマタニティライフを過ごしましょう≫

マタニティの方はお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ、骨盤が広がり歪みやズレが生じることもあります。骨盤の歪みやズレは腰痛や背中の痛み、股関節痛、肩こり、頭痛など、様々な症状を引き起こすこともありますが、お腹の赤ちゃんのことを考えて気軽に施術を受けることができないのが悩みの種でもあります。加古川のこやま整骨院では、マタニティの方も受けていただける、お身体に負担の少ない施術も可能となっておりますので、お身体の痛みや不調などでお困りの際にはお気軽にご相談ください。

マタニティーの方の骨格の変化

生後3か月、5か月、9か月と赤ちゃんが大きくなるにつてれ、妊婦のお母さんの身体の状態は変わっていきます。そのなかで、マタニティーの方は今までの生活習慣の中で抱えていた症状がひどくなって身体に現れる事があります。今までの生活の中では感じなかったような痛みに襲われることもあり、不安になられる方も多いのではないでしょうか。出産前のお母さんの身体はリラキシンとよばれるホルモンの影響で体中の関節が柔らかくなっていきます。この時期は赤ちゃんの大きさに合わせて骨格大きく変わることで赤ちゃんを出産するための身体に自然となっていく時期といえるでしょう。しかしその形はお母さんが普段生活してきた姿勢とは全く違った姿勢になることは、見た目にも判断できます。それはマタニティーの患者様にとって痛みを伴う原因となり得るのです。そして、その姿勢や体型、骨格の変化によって生じる痛みは、出産前だけではなく、産後の痛みにもつながっていきます。マタニティーの時期にどの程度の痛みで押さえていくかが、産後の痛みをどれだけおさえていけるのかの鍵を握っているといっても過言ではありません。年齢を重ねた女性が、出産した後からずっと腰が痛かったとおっしゃられたり、体調の変化を訴えられるケースは非常に多いといえます。将来的に痛みに苦しむことがないように、整骨院で治療をすることはもちろんですが、マタニティーの時期にどのように過ごしていくのか、生活習慣を改善していくことも、大事な要素となりますので、普段どのような生活をしているのか、しっかりと聞き取りを行い、アドバイスさせていただいております。

マタニティの方が受ける施術はうつ伏せになることができないため、横向きや座ったままでの施術になります。加古川のこやま整骨院では国家資格を取得している、専門知識も技術も豊富な施術師が担当しておりますので、赤ちゃんやお身体への負担もご心配いただくことなく、楽な身体へと導くことが可能です。

マタニティーの方の精神的な負担について

マタニティの期間中はどんどん変化するお身体についていけずに、少しのことで気分が落ち込んでしまうこともあります。加古川のこやま整骨院では、貴重なマタニティ期間も健やかに楽しく過ごしていただけるよう、スタッフが一丸となってサポートいたします。心身ともに安心して施術を受けていただけるようアットホームな雰囲気を大切にして、何でもご相談いただけるようコミュニケーションも大切にしています。お気軽にご来院ください。