TEL

肩こり | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

肩こり

≪肩こりのない楽な身体づくりを加古川のこやま整骨院で目指しましょう!≫

肩こりは慢性化しやすい症状ですが、我慢できる場合が多いため特になにもせずにそのまま放置しているという方もたくさんいらっしゃいます。確かに肩こりは我慢できますが、肩の筋肉や筋が硬くなっている状態のまま放置してしまうと、さらに血流やリンパの流れが悪くなり別の不調へと繋がる可能性もあります。加古川のこやま整骨院では慢性化した頑固な肩こりにもご対応し、根本原因からの改善を目指していきますので、肩こりのない楽な身体で毎日を過ごしたいという方は、一度お気軽にご相談ください。お一人おひとりに必要な施術をご提案し、しっかりとサポートさせていただきます。

肩こりの症状が悪化すると頭痛やめまい、吐き気などの症状も伴うことがありますが、全身のバランスを整えてキレイな姿勢になることで、肩こりはもちろん不調の出にくい丈夫な身体づくりを目指すことも可能です。加古川のこやま整骨院ではお身体の歪みやズレはあらゆる不調の原因になると考えており、本格的な整体・矯正・マッサージなどで根本改善を目指してサポートしております。加古川のこやま整骨院では手技はもちろん、先進の医療機器なども導入してあらゆる症状にご対応しておりますので、なかなか改善されない症状や原因不明の不調などでお困りの方も、一度お気軽にご相談ください。

また普段、慢性の肩こりとお聞きすることがあるかと思います。この慢性的な肩こりは結論からいいますとほとんどの場合は改善することが出来ます。というのもこれは姿勢だけの問題だけではなく、普段の生活の送り方や自律神経からくる肩こりが多いからです。なので矯正などで姿勢を整えたとしてもこれだけでは肩こりは残ってしまうか、又はなかなか取れません。なので肩の筋緊張を解き、自律神経のバランスも整えていくことが大切であると言えます。自律神経とは交感神経と副交感神経の2種類あります。この神経を簡単に説明しますと交感神経は筋肉を緊張させたり血管を収縮させたりする神経で、副交感神経は筋肉の緊張を和らげたり、血管を拡張させたりします。なのでこの自律神経のうちの交感神経優位の時間が長ければ長いほど肩は緊張して硬くなっていきます。結果、筋肉が緊張すると疲労物質が徐々に溜まっていき知らず知らずの間にしんどくなってしまいます。この自律神経のバランスを整えていき、身体が常に緊張しているような状態を少しずつ改善していくことが慢性的な肩こり改善の近道と言えます。肩はもちろんですが同時に首の筋肉も緊張状態にあることが多いのですがこの首の筋肉も同時にほぐしていくことで身体はリラックスしている状態にしやすくなります。なので肩のみならず周りの筋緊張を解いていき、生活上で気をつけなければならない点を抑え、自律神経のバランスを整えていくことが大切です。肩こりを自覚されている方に多いのが硬結(筋スパズム)という硬い筋肉のコリです。これがあると神経痛を引き起こしたり血流不全による痛みを引き起こしたりします。肩甲骨の痛みが引き起こされたり腕のシビレや頭痛など症状は様々ですがこの硬結が原因で身体がしんどくなってしまうことも多々あります。この硬結の緩め方にも注意が必要でその方にあった強さ、押圧時間、角度など注意すべき点は様々あります。しっかりと硬結を緩めていき、普段の生活での意識すべきことに注意しながら生活を送ることでかなり体質的にも変わり、慢性的な肩こりを治す大きな一歩となります。慢性的な肩こりですがこれは肩が凝っているから肩だけを緩めたらいいというものでもありません。肩の筋肉ですがこれは頭の方に付着している筋肉もありますし、肩甲骨や背骨に付着している筋肉もあります。なのでこういった筋肉も同時にコリをほぐしていくことがポイントであると考えております。結果的に日々の頭痛や頭がスッキリしない感覚も少しずつ薄れていくことが多いです。筋肉のつき方だけでなく筋膜の走行について考えることも治療において重要になります。筋膜は筋肉の上を覆うケースのようなものなのですがこの筋膜は知らず知らずに硬くなってしまい、伸縮性に乏しくなってしまいます。結果的にそういった乏しい伸縮性、柔軟性が原因で身体に痛みが発生してしまったりします。また肩こりでも表面上にあるコリは実際には少なく、奥の方に凝り固まった筋肉があることが多いです。これがあれば常に肩や首がしんどく感じてしまうこともあります。なのでそのコリを見逃さずにほぐすことがこやま整骨院では大切かと考えております。後にそれまで重だるいような感覚にあった肩は軽く感じることが多いのでそれまでに自覚症状のあまりなかった方もそこで初めて身体が凝っていることにお気づきになる場合もございます。肩のコリと同時に背中の筋肉や首の筋肉も和らげていき、そして普段の生活習慣から少しずつ改善していくことがこれから大切になります。