TEL

自律神経が影響する体の不調について | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > > 自律神経が影響する体の不調について

自律神経が影響する体の不調について

2018.03.31 | Category:

こんにちは、こやま整骨院です。
今日は自律神経の作用について少し触れます。

今までにも自律神経について少しお話ししたことがありますが自律神経には2種類あります。
それが交感神経と副交感神経です。

皆さんもテレビなんかでも何度か聞いたことがあるのではないでしょうか??

簡単に説明するとリラックスの神経か興奮状態の神経かという違いになります。
交感神経は身体を興奮状態にする神経で副交感神経はその逆のリラックスになります。

自然界で言いますと動物が獲物を狩るときは身体を興奮状態にして狩れる状態を作りますが人間でも同じで日々の生活でこの交感神経が優位になっている時があります。動物が狩られる立場になった時、交感神経を高めて身体のエンジンをかけるのです。

その状態を人間に置き換えてみると、仕事やプライベートでストレスを受けた状態や何かに集中している時などです。

その状態から逃れるために交感神経を高めて、現状から回避しようとするためエンジンをかけるのです。

こういった状態が生活上で続いているとしたら身体にはエンジンがかかった状態が長くなって負担が大きくなります。

そうして身体に何らかの症状を出すことが多くなるのです。

胃腸などの内臓はすべて自律神経によって支配されていますのでこの自律神経の切り替えがうまくできていない方なんかは内臓系に症状が出ることもあります。

それほど自律神経系の担っている役割は大きく、ここのバランスを整えることがうまく体を使っていく上で重要になります。

交感神経優位になっている時間の多い方に関しては普段の生活の癖がついてしまい、うまく副交感神経優位にもっていけなくなってしまっている方もいます。

このような方にはメンタルトレーニングも大切になってきますので、こやま整骨院では自律神経のトレーニングに関して、アキュスコープを用いて自律神経の調整をさせていただいております。

長引く身体の不調は、筋肉や骨格の異常だけでなく、ひょっとすると自律神経の不調が原因かもしれません。

筋肉や骨格に異常があるのか、自律神経に異常があるのかしっかりと見極めたうえで対処していきたいですね。