TEL

骨盤矯正によるO脚矯正とヒップアップ(before・after) | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 新着情報の記事一覧

骨盤矯正によるO脚矯正とヒップアップ(before・after)

2018.06.16 | Category:

矯正前(後ろから)

 

矯正前(横から)

 

矯正後(後ろから)

 

矯正後(横から)

 

O脚、ヒップアップ、骨盤の引き締め(施術時間 約30分)

ヒップアップの効果が強く出ています。

普段からの股関節周囲の筋肉が使えていなかったようです(^-^;

 

骨盤矯正とO脚矯正について☆

2018.04.09 | Category:

おはようございます!

こやま整骨院のこやまです。

こやま整骨院では最近は腰や肩の痛み、スポーツ障害と同じくらい骨盤矯正やO脚矯正の問い合わせが多いです。

女性の方は少し形が変わるだけですごくコンプレックスに感じてしまったり、逆に少し解消されるだけでも大きな自信につながるんだなぁと肌を通して感じます。

そこで当院ではカウンセリングをしっかりと行い、施術前の施術後の変化を写真で必ず確認していただき、自分の身体がどのように変わっていっているのかを自覚していただくことで効果を確認していただくことを大事にしています。

O脚や骨盤の開きに関しては矯正とトレーニングを受けることでわずか20分でも大きな変化を感じて頂けますので、お悩みの方は是非ご相談くださいね♪

 

自律神経が影響する体の不調について

2018.03.31 | Category:

こんにちは、こやま整骨院です。
今日は自律神経の作用について少し触れます。

今までにも自律神経について少しお話ししたことがありますが自律神経には2種類あります。
それが交感神経と副交感神経です。

皆さんもテレビなんかでも何度か聞いたことがあるのではないでしょうか??

簡単に説明するとリラックスの神経か興奮状態の神経かという違いになります。
交感神経は身体を興奮状態にする神経で副交感神経はその逆のリラックスになります。

自然界で言いますと動物が獲物を狩るときは身体を興奮状態にして狩れる状態を作りますが人間でも同じで日々の生活でこの交感神経が優位になっている時があります。動物が狩られる立場になった時、交感神経を高めて身体のエンジンをかけるのです。

その状態を人間に置き換えてみると、仕事やプライベートでストレスを受けた状態や何かに集中している時などです。

その状態から逃れるために交感神経を高めて、現状から回避しようとするためエンジンをかけるのです。

こういった状態が生活上で続いているとしたら身体にはエンジンがかかった状態が長くなって負担が大きくなります。

そうして身体に何らかの症状を出すことが多くなるのです。

胃腸などの内臓はすべて自律神経によって支配されていますのでこの自律神経の切り替えがうまくできていない方なんかは内臓系に症状が出ることもあります。

それほど自律神経系の担っている役割は大きく、ここのバランスを整えることがうまく体を使っていく上で重要になります。

交感神経優位になっている時間の多い方に関しては普段の生活の癖がついてしまい、うまく副交感神経優位にもっていけなくなってしまっている方もいます。

このような方にはメンタルトレーニングも大切になってきますので、こやま整骨院では自律神経のトレーニングに関して、アキュスコープを用いて自律神経の調整をさせていただいております。

長引く身体の不調は、筋肉や骨格の異常だけでなく、ひょっとすると自律神経の不調が原因かもしれません。

筋肉や骨格に異常があるのか、自律神経に異常があるのかしっかりと見極めたうえで対処していきたいですね。

骨盤を締めるとは??

2018.03.17 | Category:

整骨院や整体院に行くと骨盤矯正や姿勢矯正という言葉を良く聞くことがあると思います。

今日はこの骨盤矯正と姿勢矯正の目的の1つである「骨盤を引き締める」ということについて説明していきたいと思います。

骨盤とは中心にある仙骨と左右にある腸骨で構成されています。

そして「骨盤を引き締める」と言うと、この仙骨と腸骨の位置が動いて、小さくなるようなイメージを持たれる方が多いようです。

でも実はこの仙骨と腸骨はほとんど動きません。また少し動いたとしてもそれほど大きく動かないので、骨盤にゴムを巻いて圧力をかけても見た目にはほとんど変わらないのです。

ではどうやって骨盤を引き締めるのでしょうか?

ポイントは股関節です。

もうちょっと詳しく言うと、大腿骨の大転子の位置と、臀部や骨盤底筋の筋肉の緊張感が鍵になります。

この大腿骨の大転子の位置が臀部や骨盤底筋の緊張感の変化によって変化することによって骨盤の幅やお尻の形が変わって見えるのです。

ですから、この大転子の位置や臀部や骨盤底筋の緊張感が正常にある場合は、それ以上骨盤矯正や、姿勢矯正をしても「骨盤の引き締め」は起こりません。

これは、はじめに患者様のお身体をチェックすることでだいたいわかります。

先日も腰痛で来院されていた患者様の症状が大分よくなり、以前から大転子の位置異常や歩き方の癖などから骨盤の引き締め効果が期待できそうだったので、歩き方やトレーニング方法を指導させていただきました。

患者様自身は骨盤の開きについては自覚がなく、言われて初めて気になったといわれていましたが、少し意識していただくだけで、かなり形が変わりそうだったのであえてお話しさせていただいた程度だったのですが。

実際にトレーニングや歩き方を変えて頂くだけでわずか2週間程度で骨盤の形やヒップアップの効果があり、O脚気味だった足の形も真っすぐに近くなってきました。

今回の場合は骨盤矯正というよりも、ついでに意識してみてくださいね~、くらいの軽い感じだったので、もう少し効果は出せそうな感じだったのですが、患者様自身もあまり気にしていなかったのでこれ以上の施術は必要ないのかなといった感じで、あとはご自身でトレーニングをしてもらうことにしました!

もしお悩みの方はお気軽にお問合せくださいね。

骨盤の形やO脚解消をしっかりとお手伝いさせていただきます!

ABWライト・ウェルター級王座統一タイトルマッチ!ベハラノ・ヒデキさんが見事チャンピオンに!!

2017.12.04 | Category:

こんにちは、加古川の整骨院、こやま整骨院のこやまです!

昨日はABWプロキックボクシングの試合が開催され、当院に来院されているベハラノ・ヒデキさん(team gloria)がメインイベントのABWライト・ウェルター級王座統一タイトルマッチ(65kg契約)に出場しました。

こやま整骨院からは私を含め4人が応援に行ってきたのですが

開始早々にヒデキさんの連打が石原義也(荒木道場)さんの顔面をとらえて、終始、試合を有利に進めほとんど相手選手の攻撃を受けることなく、見事1ラウンドでKO勝ちを収めました!!

ベハラノ・ヒデキさんはRISEのライト級タイトルマッチでインフルエンザのため試合に出場できず、無期限の出場停止という重い処分を受けたため、ここ半年間は試合に出場せずに、地道にトレーニングに励んでいたわけですが、

今回の試合を見た感じでは、試合感覚が鈍るどころか、以前より一段と強くなったような印象でした ^^

ヒデキさん、感動をありがとう!!

こやま整骨院一同今後も応援していきたいと思います。

これからも頑張ってくださいね☆

こやま整骨院での産後骨盤矯正の手順について

2017.10.16 | Category:

こんにちは!こやま整骨院のこやまです。

当院では昔から腰痛の患者様を診させていただくことが多いのですが、最近では妊婦さんの問い合わせも多くあることから、今日はこやま整骨院での産後骨盤矯正の手順についてご説明させていただきたいと思います。

まず産後の骨盤矯正という名前を聞くと、腰をバキっと鳴らしたりするイメージが強いと思いますが

こやま整骨院では、めったに腰を鳴らしたりすることはありません。

一時的な効果ではなく、根本的に骨盤や痛みの状態を治していくためには、関節に対するアプローチだけでなく、関節のポジションを決めている筋肉や靭帯、神経の状態を整えていく必要があります。

そこで問診の時には腰だけを見るのではなく全身の状態をチェックさせていただいております。

①立った状態をチェック

②寝転んで骨盤の傾き、ねじれや足の長さをチェック

③筋肉の状態(硬さ、張り、強さ等)をチェック

④痛みの有無をチェック(前屈、後屈、側屈、ねじり等)

④日常生活についてのチェック、現在までの仕事歴やスポーツ歴、睡眠時間等々。

⑤ ①②③④の状態によって治療方法が違うので、骨盤の状態と治療方法の説明

⑥治療開始

⑦治療後の①②③④のチェック

⑧トレーニングや日常生活の注意点の指導

以上の流れが、おおまかな骨盤矯正の手順となります。

*問診の際に、腰に関しての疾患がある場合は違う治療を提案させていただく場合があります。

こやま整骨院では、将来の腰痛予防のためにも、産前、産後の骨盤管理を通して、自分の身体、骨盤のことを知るきっかけになっていただければと思っております。

お気軽にお尋ねくださいね。

 

 

骨盤の状態の変化

2017.09.24 | Category:

こんにちは!こやま整骨院のこやまです。

今日は骨盤の状態の変化についてお話しします。

骨盤というのは常に同じ状態であるわけではありません。

実は時と場合によって絶えず変化しています。

その方の身体の状態によって、あるべき形にあろうとするのが骨盤なのです。

では、その骨盤の形について、どのようにアプローチすれば皆さまが望んでいるような骨盤の形に変化してくれるのでしょうか?

すくなくとも関節を少し動かしたり、ポキポキ鳴らしたり・・・ただそれだけで骨盤の形が変わるような簡単なものではないということは想像がつくでしょう。

骨盤矯正をしても、すぐに元に戻るというお話は聞いたことがある方は多いと思います。

大事なことは、骨盤の形状変化の秘密を知ることです。

こやま整骨院では骨盤矯正を行っております。ですが、最終的な目的は骨盤矯正で矯正された状態が維持管理できるようになることです。

自分自身で骨盤の形をコントロールすることができるようになれば、骨盤矯正もしなくても良くなりますよ♪

 

 

テニスの錦織選手の腱断裂についての考察

2017.09.19 | Category:

こんばんは!

加古川の整骨院、こやま整骨院から

今日は、プロテニスプレイヤーの錦織圭君についての話題です。

錦織選手は先月、右手首の怪我でATPツアーを長期離脱することになってしまいました。

錦織選手の手首の怪我は今に始まった事ではありませんが、今回は右手首の腱断裂という、今までで最もひどいケガとなってしまいました。右手首の腱は、テニスのラケットを握る際に必ず使う筋肉の腱になりますので、これを断裂するということがテニスプレイヤーにとってどれだけ重大なことかは、我々柔道整復師でなくても想像できるところかと思います。

ここ数年、錦織選手は試合のスケジュール管理を見直したり、大会を欠場し、休養することで手首を温存したり、また試合中も常に手首にテーピングを巻く等して、以前にも増して、体の管理には気を使っているように感じていましたが、なぜこのタイミングで手首の腱断裂が起こってしまったのでしょうか?。。。

手首の腱は突然断裂することはありません。腱の炎症が長引き、組織が破壊されていく中で、徐々にその耐久力が減少し、最後に断裂するのです。この炎症の長期化については、基本的には、握力を使ったり、手首を捻ったりするような動作で起こると考えられています。そして、これを防ぐためにオフ期間中のトレーニング、休養やテーピングによる固定をしています。しかし、専門のトレーナーから、最高のコンディショニングを受けているプロアスリートである錦織選手でも腱断裂という結果になってしまうのはなぜなのでしょうか。

私は、他にも炎症が長期化する原因があると考えます。

みなさんはラファエル・ナダルという選手をご存知でしょうか?

先日行われた、2017年USオープンテニス、男子シングルスの優勝選手です。

この選手も数年前、手首ではありませんが、膝関節の下部、ちょうどお皿の下の部分の炎症が引かず、手術と休養によるツアーの長期離脱を経験しています。

錦織選手とは、怪我の部位が違うのですが、やはり怪我の原因は長引く炎症です。

少なくとも私個人としては、数多くの患者様を治療させて頂く中で、その原因について思い当たることがあり、原因を取り除くと長引く炎症が引いていくという現象も確認しています。休養をしても治りの悪いケガ、長引く炎症について、少しでも心当たりがある方は相談してみてくださいね♪

~こやま整骨院からのお知らせでした~

気圧の変化と自律神経のバランス

2017.09.11 | Category:

こんにちは!
こやま整骨院の竹元です。
今日、明日くらいで雨が降るみたいですね。
天気が悪くなってくると気圧も下がります。
そうなってくると身体に色んな変化をもたらします。
ひとつの例を挙げると頭痛です。
この症例とても多いですね。
雨になると頭痛が出るといった方が周りにいたかもしれませんが
これは間違いではないのです。
古傷が痛むといった現象も気圧の変化によって起こります。
なんとなく眠くなったり気分が上がらなかったり・・・
これら全部、気圧の変化によって起こり得るのです。
なぜ起こるかのカギは自律神経に隠されています。
気圧が下がると自律神経のバランスも変化するのです。

こやま整骨院では、気圧の変化による痛みを施術によって軽減する治療も行っています。

頭痛に関しての治療もほとんどの方が軽快しています。

このような症状でお困りの方は気軽に相談してくださいね♪

バレーボール選手、突き指

2017.09.10 | Category:

こんばんは、こやま整骨院の竹元です!
今日はバレーボール選手の「突き指」についてお話しします。

最近は女子バレーボールが始まりましたね。
Aパスの多さに驚きました(笑)
そこからの攻撃も鋭く強いな~と思いました!
テレビで見ていると簡単にブロックしているように見えますが
実は物凄い衝撃が指、手掌、前腕に加わっています。
この衝撃で突き指を起こしてしまうケースが特に学生さんに多くみられます。

そして、この突き指が親指、人差し指、中指に起こった場合は特にオーバーパスに影響が出やすいです。
比較的軽度の場合、こういった状態のままプレーを続行することも可能化もしれませんが
パスの精度が落ちるだけでなく、完治するまでの期間が必ず長くなってしまいます。
もし痛みのある状態でバレーを続けるならしっかりとしたテーピングで指に衝撃が加わらないようにするべきです。
またアイシングはもちろんですが、電気治療を行うと、痛めた組織の修復再生が早くなります。
中度の突き指の場合は、1週間の電気治療と固定で痛みはほとんどなくなります。
しかし条件があります。固定をした状態で絶対に動かさないこと!

とにかくしっかりと安静を保たなければなりません。

無理をして痛みが長引いた場合、指の関節が伸びなくなってしまうケースもあるので注意しましょう。

こやま整骨院では、バレーボールの場合だけでなく、突き指や指のトラブルに関する治療実績が多数ありますので、安心してご相談くださいね♪