TEL

ヘルニア | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

ヘルニア

≪ヘルニアも加古川のこやま整骨院の施術で改善を目指すことが可能です≫

ヘルニアと診断された患者様はどのような症状を感じているかご存じでしょうか?

ヘルニアは椎間板内の髄核が神経に当たることで痛みや痺れを感じる症状と言われています。この神経というものは身体に感じるすべての感覚を脳に伝える組織になります。ですから、身体が体感するすべての感覚を強く感じさせてしまう可能性があるため、その痛みの感じ方は多岐にわたります。

痺れ、痛み(鈍痛や鋭い痛み)、冷感、熱感、麻痺、むず痒さ等

これらの感覚が強弱ありますが、合わさって患者様に現れるので、最もひどい急性期は耐え難い苦痛を患者様に与えてしまいます。

そして、来院されるほとんどの患者様は、ヘルニアは温めたり湿布をしたり、痛み止めを飲みながら、我慢が出来なくなったらブロック注射か手術をすることで治すことができるという認識をお持ちなのです。

しかし、ヘルニアは整形外科でレントゲン検査などを行なうと診断される場合が多いですが、実はヘルニア特有のお身体の状態はレントゲンに映らないことも多いため、あらわれている症状がヘルニアの症状と似ているからという理由で診断されてしまう場合も珍しくはないようです。加古川のこやま整骨院では、手術をすすめられているヘルニアでも別の観点から根本原因の追究が必要と考えており、お一人おひとりに丁寧な問診を行なうことで施術で改善が目指せる症状なのかをしっかりと見極めます。

現在は整形外科学会でもヘルニアの原因を画像診断だけにたよるのではなく、患者様の生活環境や、お体全体を見ていく中で診断していかなければいけないという治療指針が発表されているほどです。

できれば手術をせずにヘルニアの改善を目指したいという方は、ヘルニアの治療経験豊が富な施術師がご対応する加古川のこやま整骨院までお気軽にご相談ください。

また私自身の経験で恐縮なのですが、私も過去に腰痛を経験し、MRIの結果ヘルニアがあるとのことで、医師から腰痛は一生治らないだろうと診断を告げられた経験があります。当時、高校生だった私は、医療に関する知識がまったくない中で、医師に言われるがままに、湿布や電気の治療をし、症状が軽快しないので、様々な整形外科や病院、整骨院に通院しました。そして、くしくもこれが私自身が整骨院を志すきっかけとなったできごとにもなるのです。

この私自身が経験したヘルニアは、柔道整復師として整形外科や整骨院で患者様を治療をする立場になって原因がわかっていく中で、ようやく改善されていったのです。

一般的には、ヘルニアの原因は、加齢や遺伝的な要因が関係して椎間板が変形を起こし断裂することで症状がひき起こり。日常生活での姿勢や動きの悪さが引き金になることが言われています。しかし、ヘルニアの根本原因をしっかりと見極めてそれぞれに必要な処置を行なえていない場合は、いつまで経っても症状の改善が見られず、少し良くなってもまた再発する・・・を繰り返すばかりになるでしょう。また、手術をしても再発するケースは珍しくありませんので、今あらわれている痛みやしびれなどの症状は、本当はヘルニアからきているものではないと考えることもできるのです。

加古川のこやま整骨院ではこれまでにも多くの方のヘルニアと診断された患者様を改善へと導き、再発しにくい身体づくりもサポートしてきた実績がございます。

あきらめる前に一度お気軽にご来院ください。