TEL

ダイエット相談 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

ダイエット相談

≪ダイエット相談にもご対応する加古川のこやま整骨院で健康美を目指しましょう!≫

ダイエット相談についてのご対応にもご好評をいただいている加古川のこやま整骨院では、お一人おひとりの体質やお身体の状態、ご要望などに合わせた施術プランをご提案し、無理なくダイエットが成功できるようにサポートいたします。「今まで色んなダイエット法を試してきたけどなかなか痩せなかった・・・。」「痩せてもリバウンドですぐに太ってしまった・・・。」など苦い経験をされた方も多いと思いますが、ダイエットがなかなか成功しないのは根本的な体質から改善を目指せていないからです。

ダイエット相談で加古川のこやま整骨院にご来院いただく方のお身体をチェックすると、その多くの方が骨格や骨盤などに歪みやズレが生じている場合がほとんどです。歪みやズレが生じた身体は血流やリンパの流れが悪くなり、新陳代謝が低下するため痩せにくい体質になり。むくみの症状も起こりやすくなります。全身のバランスを整えることでキレイな姿勢に近づくことができ、新陳代謝が活発になり自然治癒力も高まる効果が期待できるため、健康的に美しい身体を目指すことができます。

ダイエット相談は安全・安心の施術でサポートする、加古川のこやま整骨院までお気軽にご相談ください。お一人おひとりに合わせた無理のないプランをご提案し、施術内容にご納得をいただいてから進めてまいりますので、安心しておまかせいただくことができます。

ダイエットについては骨格の歪みの問題だけでなくまた別の問題も抱えていることが多いです。「痩せる」と言いましてもこれは人によってどういた状態を「痩せた」と捉えるかはまた違ってくるものです。例えば体脂肪を減らして痩せたいというのとお腹や足を引き締めて痩せたいというのとではまた違ってきます。どちらの方が早く簡単に効果が出るかといますと後者の見た目を重視した痩せ方です。これは骨盤が前傾、後傾している、また腹筋群の筋力の関係などさまざまな要因からなります。なのでこういった身体の弱点をトレーニングや矯正していくことで痩せて見えるようになっていきます。

この方法については後々説明させていただきます。

また体脂肪を減らして痩せたいという場合はまた話は変わってきます。よくダイエット=食事制限というイメージがありますが究極はそのイメージになります。食事といってもおいしいからやお腹が減るからなんとなく食べているものではなくエネルギーとして体には必要なので食事という形で栄養を補給しています。なので脂肪とは一体何なのかといいますとこの摂取したエネルギーの余剰分、つまり一日のうちに消費されたエネルギーより多く摂ったエネルギーが体脂肪という形で貯蔵されるのです。なのでダイエットと言うと食事制限をしなければならないという観点は間違ってはいません。しかしこの方法を間違えるとかえって痩せにくい体質に変化させてしまったり筋肉量を減らしてしまったりすることに繋がります。なので細かいところではありますがただただ食事制限をするダイエットは避けて正しいダイエットを行わなければなりません。こやま整骨院ではこういったご相談はもちろんですが具体的にどういった事を実践すれば痩せにくくなったり筋肉量をほとんど減らさずにダイエット出来たりリバウンドをしにくいような身体にできるかなどご指導させて頂いています。

これから少し骨盤の歪みを取る方法について少しご紹介させていただきます。たとえば骨盤が前傾、つまり前側に傾きが強い場合だといわゆる反り腰の状態になってしまうのです。そして反り腰だけでなくお腹が前にポッコリと出てしまう原因にもつながります。なのでこういった骨盤の前傾が強い場合であれば原因となっている筋肉の緊張をとっていかなければなりません。このほとんどに太ももの前側の筋肉や股関節の前側の筋肉に問題があることが多く膝をゆっくりと無理のないように曲げていき正座の形に近づけていきます。こうすることにより太ももの前の大腿直筋という筋肉が伸ばされます。そして股関節の筋肉には腸腰筋という筋肉があるのですがこの筋肉は骨盤だけでなく背骨にも付着している筋肉です。なのでこの筋肉が硬くなり緊張が強くなってきますと反り腰の形にもなりますし骨盤も前に傾いてお腹がポッコリと前に出てしまったようになります。なのでこの筋肉の緊張も取っていかなければならないのですがどうすれば良いのかといいますと①直立でリラックスして立ちます②伸ばしたい側の足を後ろに引きます③反対側の足を少しだけ前に出してアキレス腱を伸ばすときのような形にします④骨盤を真っすぐ伸ばすように意識して下げた足側の股関節を意識し、腰を下ろして伸ばしていきます。これを最低でも30秒ほど行うことで少しずつこの筋肉は伸びていきます。

上記の方法で前にでたお腹の改善はできますがもう一つオススメのトレーニング方法があります。これは腹筋群のゆるみを少しずつなくしていき今までの普段の生活ではなかなか使われない腹横筋という筋肉を活性化させていくことでおなかのなかで垂れ下がってきつつある内臓を元の位置に戻していき、お腹のポッコリを改善していきます。

方法としては簡単にできてどこでもできるものでドローインと呼ばれるトレーニングになります。お腹をグーッと限界までへこませていきそこで約30秒キープします。これを3セット行います。このトレーニングによって緩んでいた腹横筋の緊張は強くなり垂れ下がった前にでてきた内臓を元に戻していきポッコリしたお腹を治していきます。短期間でのダイエットを行う場合はこういった方法をつかっていくと早くて1週間ほどでも効果を実感できます。体脂肪が気になる、または健康を意識したダイエットの場合は体脂肪の燃焼を意識していかないといけませんのでドローイン意外にも食事制限や活動代謝の増幅を図らないといけません。

もっとも基本的なことではありますが(一日の消費カロリー)-(一日の摂取カロリー)でプラスにならなければ身体は太っていくことがありません。なので食事制限の大切さがこちらでわかるかと思います。しかし食事制限のみに頼ってダイエットをしてしまいますとかえって太りやすい身体になってしまいますのでトレーニングを行いながら食事制限も行っていくことがベターとなるでしょう。たとえば朝食を抜いたり昼食、夜食を抜いたりすることで無理にダイエットを行っていくとどうなるかといいますと筋肉量も同時に落ちていきます。急激な体重の変化が起こるかと思いますがこれは脂肪だけでなく筋肉量も低下しています。

この筋肉の量が低下していきますと結果として基礎代謝(身体を維持するために使われるエネルギー)が低下していき痩せにくくなっていきます。なので長期的な「痩せ」を手に入れようと思うと過度な食事制限はせずに少しずつ食事制限を行いながらトレーニングを行い筋肉量をできる限り落とさないようにしていくと直汽笛に見ても太りにくい身体ができていくでしょう。短期的に見た目を変えたい場合はドローインや骨盤の傾きを調節し、体脂肪を落としたい場合は必ず食事制限を行い、注意点に気をつけながら少しずつ痩せていきます。そして同時に筋肉量も落とさずにキープまたは増量していき痩せやすく太りにくい身体を作り上げていきます。こやま整骨院ではこういった食事の指導やトレーニングの指導も行っております。もしもダイエットをして痩せやすく太りにくい身体を作りたい場合は一度ご相談ください。

ダイエットの基本

ダイエットはただ単に痩せるだけではいけません。ダイエット=痩せるではなく健康的な身体に仕上げていくことがダイエットの基本になります。なので体重や脂肪をとっていくだけなら食事を改善することで簡単に身体は変わっていきます。肥満気味の方で体脂肪を取り除いていかなければならない場合は食事療法として食事によって得られる栄養を少しずつ変えていき脂肪を燃焼させていく必要があります。なので時と場合によってこの辺りは目的と手段が変わりますので臨機応変に対応していかなければなりません。高血圧や糖尿病、尿酸値の高い方、高脂血症の方なんかは特に食事療法は必要になってきます。尿酸値が高ければ痛風のリスクは高まりますし、高血圧や糖尿病、高脂血症になると脳卒中やその他生活習慣病になり、最悪の場合、命にかかわってくるケースもあります。なのでこういったケースの場合はかなり食事に着目していくべきでしょう。しかしその必要もなく過度に行われる食事制限は逆に身体を悪くしてしまいます。なのでどちらかというと運動を取り入れて痩いかなければなりません。栄養素を過度に削ってしまいますとその分、筋力が落ちていってしまいます。ということは逆に痩せにくい身体にもなり、将来起こる筋力低下が顕著になるでしょう。なので運動を行って筋力を保ちながら食事も制限していき、痩せていく、又は身体のフォルム自体を矯正していくことがベストになるでしょう。