TEL

有痛性分裂膝蓋骨とテーピング療法 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

有痛性分裂膝蓋骨とテーピング療法

2017.07.12 | Category: スポーツ障害

こんにちは、加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。

今日は有痛性分裂膝蓋骨についてお話しします。

まず「膝蓋骨」とはいわゆる、膝のお皿のことですが
このお皿が先天的に分裂しているケースがあります。
この分裂した膝蓋骨が歩いたり、屈伸したりして、痛みを
発する状態を有痛性分裂膝蓋骨と呼びます。

この有痛性分裂膝蓋骨は、ほとんど激しい運動をせず、
膝蓋骨に過大な負荷をかけなければ、無症状のまま
何も起こらない場合がほとんどで、特にスポーツをする
学生に多く発生する症状です。

激しい運動をしなければ痛みが生じることはほとんどない
ということは、治療としては、最も需要なことが、休養
膝蓋骨へかかる負荷を減らすことです。

かといって学生のスポーツ障害について、いつでも休養を
簡単にとれるというものではありません。
休養をとると治ることがわかっていても、記録が落ちてしまったり、
レギュラーを外されてしまうことも避けたいのが選手の本音です。

そこで活躍するのが「膝のテーピング」です。

テーピングによる膝蓋骨の安静は炎症を抑えるために必ず必要ですが、
ただ固定すれば良いというわけではなく、運動ができる状態で膝蓋骨
を固定しなければいけません。
この時に使用するテーピングが、キネシオテープです。
キネシオテープはホワイトテープに比べると弾力性があり、動きを
保ちながら、固定するためには最適です。
大会や試合が近い場合は、治療期間にも制限があります。
練習量をできるだけ確保しながら、大会にベストコンディションで
出場させることが僕たちの使命だと思っています。
もし膝が痛くて動かすことが難しい場合は今述べた、分裂膝蓋骨や
その他(半月板損傷、靭帯損傷、ジャンパーズニー、ランナーズニー等)
の可能性もあります。
しっかりとした鑑別後、適切な治療をできるだけ早めに施術することが
なにより早期回復のカギと言えますので、気になる症状があれば、
早めにご相談くださいね。

肩の痛みでお困りの方へ

2017.07.08 | Category: 頭痛、肩こり

こんにちは!
加古川市の整骨院、こやま整骨院の竹元です!

今日は肩の上がりにくさについての簡単な説明です。
肩というのは以前にもお話ししたことがありますが
様々な筋肉に安定性を保ってもらっています。

ですから、上腕骨についている筋肉が硬くなってくると
肩の関節の動きが妨げられるためへ可動域制限が現れてきます。
硬さだけでなくて筋肉の硬結(コリ)によっても同じような
現象が現れます。またコリの場合は常に重だるさや痛みを感じる
ことも多いようです。

これらの症状に関しては肩甲骨からの筋肉や背筋をマッサージや
ストレッチで緩めていくと肩が上がりやすくなるケースが多いです。
また、常時感じる重だるさや痛み、しびれもほとんどのケースで
軽快していきます。

補足ですが、首や腕、腰や足に関しても同じことが言えます。

もちろんいろいろな原因があっての痛みなのですが、このような
筋肉の硬さやコリから痛みが発生していることは非常に多いのです。

もしも肩が上がりにくかったり、常に違和感や痛みを感じるようでしたら
痛みを取るためにも、原因を探していくためにも、一度治療を受けてみると良いと思います!

手首の痛み、腱鞘炎

2017.06.22 | Category: スポーツ障害

こんにちは!
加古川市の整骨院、こやま整骨院の竹元です!

今日は親指の腱鞘炎についてお話しします。

親指というのは日常的に

かなり使う頻度が高くなっています。

何か物をつかむのにほぼ必須となっているからです。

なのでただでさえ負荷が多い指をさらに駆使してしまうと

腱鞘がすれて炎症が起こってしまうことが腱鞘炎の主な原因です。

お仕事や家事などでよく使う方は特になりやすいようです。

自分ではそんなに多く使っていないつもりでも腱鞘炎が出た時点で使い過ぎと考えて良いでしょう。

腱鞘炎の確認方法ですが、親指をほかの4本の指で握ってそのまま手首を小指側に動かした時に痛みがあるようであれば

ド・ケルバン病という最も多い腱鞘炎の診断となります。

治療としてはやはり安静が大切です。

テーピングを施したりサポーターの着用が最も一般的です。

こやま整骨院ではエレクトロマイオパルスを使って患部を治療していきます

エレクトロマイオパルスはスポーツ障害だけでなく、関節炎や腱鞘炎を早期治癒させるために非常に有効です。

またこやま整骨院ではテーピングによる固定力を最大限に引き出せるように、テーピングをすることができます。

もしもこのような症状でお悩みの方がおられましたら、市販のテーピングやサポーター対応しても良いかと思いますが、

なかなか治りが悪い場合はこやま整骨院までお気軽にご相談ください。

肩の関節の考察

2017.06.03 | Category: 頭痛、肩こり

加古川の整骨院、こやま整骨院のたけもとです!

今日は肩関節についての説明をしますね!

肩関節は膝や肘などの曲げる、伸ばす以外の動きができる
多軸関節と呼ばれる関節です。

基本的には曲げ伸ばししかできない1軸性の関節のほうが
ケガが多くなります。

というのは関節に負荷がかかった時に
逃げ場がなくなって靭帯などの軟部組織が
損傷されやすくなるからです。
例としては指の突き指です。

しかし肩関節はあらゆる方向に動かすことができます。
一見怪我が少ないように思えますが
この動き安すぎる肩関節の特徴によって怪我がしやすかったりします。

肩関節の安定は動きやすさと引き換えに筋肉に依存しすぎているのです。
ですから無理に関節に負荷がかかると
筋腱などの組織が損傷されやすくなります。

また脱臼がとくに起こりやすい特徴があります。
これは関節の受け皿が小さく、その割には骨頭が大きいからです。

ほかには肩関節を横に上げていくと
途中で棘上筋という筋肉が
肩甲骨との間で挟まってしまうのです。

これを何度も繰り返すことによって
炎症が起こったりします。

野球選手やテニス、バドミントンの選手によく発生します。

肩の関節は色んな方向に動くので万能のように思えますが
その分弱点も多くあるのです。
オーバーワークでも怪我をしやすくなっています。

ですからあまり肩に負荷をかけさせず
時には安静や、
野球でいうとフォームをみなおしたりすることが大切です。

もしも肩の症状でなやみがあれば加古川のこやま整骨院に
是非ご相談ください!

足首の捻挫は安静が一番大事

2017.06.02 | Category: スポーツ障害

こんにちは!
加古川市の整骨院、こやま整骨院の竹元です!

今回は捻挫についてお話しします。
まず捻挫とは、筋肉や腱、靭帯などの軟部組織と呼ばれるものが
傷ついたり、断裂したりすることです。

足関節や手の指などに多く
重症なものはかなり腫れて見えます。

足関節の捻挫では内側か外側かでも
予後がかなり変わってきます。

特に多いのは内返しによる外側測副靭帯(前距腓靭帯、踵腓靭帯)です。
外側測副靭帯とは外側にある靭帯で
何の役割があるかと言いますと、
足首が内側に行き過ぎないように制限しています。

逆に内側測副靭帯は足首が外側に行き過ぎないように
制限をしているわけです。

また足首は内返しのほうがしやすくなっています。
一度、試してみてください!

外側にはいきにくいですよね。
ですから内返し捻挫が多くなります。

内側の靭帯はかなり強靭なのでほとんどの場合
損傷しにくいのです。

もし足首を内側に捻って
腫れてきた場合は捻挫している可能性がありますので
ただちにRICE処置を行ってください。

冷やすものや圧迫するものがなかったら
心臓よりも高い位置に置き、
安静を心掛けてください!

足首の捻挫で来院される方もおられますが
完治させるのに必須の条件が「安静」になります。

その安静があっての、
アイシングやテーピング固定、
マイオパルスによる電気治療が成り立ちます。

ですから受傷後は無理に動かさず
患部を安静に保ってください!

産後の骨盤管理の秘訣

2017.05.28 | Category: 骨盤矯正・引き締め・ヒップアップ

こんにちは!
加古川市の整骨院、こやま整骨院の竹元です。

先日、こやま整骨院では
「骨盤矯正」はやっていますか?

というご質問をいただきました。
質問の答えからいうと
骨盤矯正をすることは

可能です。

骨盤は開いたり、閉じたり
前傾したり、後傾したり
様々な動きをします。

そのため筋肉の状態によって
簡単に動きます。

また女性のかたは
ホルモンの関係によって
子供を産むために骨盤が開きやすくなっています。

その結果O脚になってしまうこともありますが
これは矯正することで
簡単に戻すことができます。

しかし、通常の骨盤矯正をしても
筋肉の状態に依存している骨盤は
簡単に元の位置に戻ってしまいます。
そこで、そのアプローチの方法を少し変えていく必要があります。
こやま整骨院では、すべての患者様に対して
一時的な効果で終わるような施術はいたしません。

必ず根本的に治していくためにはどうすれば良いのかお答えします。
そして、治すことが出来ない症状についても正直にお答えし、
どのようにしていくことが最適なのか、しっかりと説明いたします。

骨盤矯正はもちろんですが、その他、些細な症状でも気軽にご相談ください。

こやま整骨院は、皆さまが快適な生活をおくれることを心より願っています!

野球選手に多いローテーターカフ、腱板損傷

2017.04.27 | Category: スポーツ障害

こんにちは。
加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
今回は肩の疾患について書かせていただきます。
肩の外傷で多いのは肩板損傷と呼ばれるものです。
肩板とはローテーターカフと呼ばれ
棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋があります。
なかでも最も多いのが棘上筋になります。
これは肩を上げた時に棘上筋が
肩甲骨の一部と衝突し、
損傷するパターンが多いです。
肩を横に上げる時に
他の人に抵抗を加えてもらい
その時に肩に痛みがあれば
棘上筋の損傷をしている可能性があります。
治療としてはアイシングやマイオパルス、アキュスコープ、
そして安静がかなり重要になります。

最近でもソフトバンクの和田投手が左肘を痛めて1週間のノースロー、復帰まで1か月とされました。

プロの野球選手でもしっかりとした休養をとるのです。

そして、ノースローの休養後、しっかりとしたトレーニングをします。

 

加古川のこやま整骨院では野球選手も多く来院しており、特に、肩、肘、股関節の症状の治療に実績があります。

適切な休養期間とリハビリメニューで早期復帰を目指していきたい方は是非当院へおまかせください!

 

 

あなたの骨盤の歪みのタイプは?骨盤の前傾と後傾について。

2017.04.26 | Category: 骨盤矯正・引き締め・ヒップアップ

こんにちは!
加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。骨盤ってどうやって歪むの?ひょっとして自分は骨盤が歪んでいるのではないか?など考えたこと、みなさんは考えたことがあるのではないでしょうか?

今日は骨盤の歪みの発生原因について簡単に説明していきますね。
まず骨盤にはたくさんの筋肉が付着しています。前にも後ろにも横にもあらゆる方向に付着しています。たとえば先日お話ししたように、大腿四頭筋や腸腰筋といった筋肉が緊張すると骨盤は前に傾き、腰の反りが強くなってしまいます。そうなれば腰を後ろには倒せますが前には倒しにくくなります。

逆に後ろの筋肉のハムストリングスが緊張したら骨盤は後ろに傾きます。よくお年寄りの方が腰を曲げて歩いていることを見かけることがあると思いますが、まさにこの状態です。

このようにして、筋肉の硬さが骨盤を機能的な位置から逸脱させることがあるのです。そして、さらに悪循環は続きます。

骨盤の歪み(正確な骨盤の位置からの逸脱)によって、筋肉のバランスが崩されるのです。

そこで、この原因となる筋肉の緊張を取り除けば骨盤への張力も減って機能的な位置に戻すことができます。

この筋肉の緊張を取り除くための手段がマッサージやストレッチに加え、骨盤矯正や自律神経の調整なのです。

まずは、みなさんの骨盤が歪んでいるのかどうか、どのようなタイプの骨盤の歪みなのか見分けてみましょう。

そして、その歪みがあなたの体にどのように影響しているのかしっかりとした説明を受けて、今後の健康管理に役立てて頂ければと思います。

加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元からのお知らせでした♪

腰の疲れが出やすい職業

2017.04.23 | Category: ぎっくり腰、腰痛

こんにちは!
加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
今まで人生で一回もコルセットを
巻いたことがなかったのですが
ついに勉強も兼ねて巻くことにしました。
結構、腰というのは普段から
知らず知らずのうちに駆使しています。
というのは、脊柱起立筋群が働くことで
ヒトは姿勢を真っすぐできているので
姿勢をピンと真っすぐ伸ばしたら
自然とこの筋肉が使われているのです。
ですから普段生活していて
この筋肉に負荷がかかっていない
時間というのはかなり少ないでしょう。
お仕事柄によっては
かなり負荷がかかるお仕事も
ありますので、
押されて初めて
かたい!!
と言われることもあります。
それだけ知らず知らずのうちに
負荷がかかっているのです。
立ち仕事や土木作業者、
デスクワークをされている方など
いつのまにか腰に疲労を蓄積し、
結果的にはぎっくり腰みたいになった。
曲げると痛い。
横に回旋すると痛い。
ピキっとなって腰を痛めそうで恐い。
などの諸症状を引き起こすことがあります。
ですから普段の生活から
腰の事を考えてあまり負荷を
かけない動きを
心がけなければなりません。
痛みだけでなく
足がピリピリした感じになる、
違和感がある、
つっぱるような感じになる。
などといった事にもなりますので
僕もコルセットを巻いて
しっかり予防と勉強をしています。
これだけ腰というのは
疲労の影響が出やすいのです。

昔から肝心要の腰と言われる所以です。

 

加古川の整骨院、こやま整骨院では様々なタイプの腰痛の治療方法を施術しています。

少しでも違和感を感じたら一度診察を受けてみることをお勧めします。

あなたの腰痛の原因をしっかりと聞いて、今後の生活に生かしていきましょう♪

バレーボールで起こるスポーツ障害について

2017.03.12 | Category: スポーツ障害

バレーボールで起こるスポーツ障害

こんにちは。加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。

今日はバレーボールで起こるスポーツ障害について書かせていただきます。

バレーボールは特に瞬発力を必要とするスポーツなので,筋肉の肉離れであったり、

スパイクの着地によって足首を捻挫したり、その衝撃で膝を痛めたりすることがあります。

また、サーブやスパイクなどで肩の軟部組織が損傷されることがあります。

僕はバレーボールをしていたのですが

足首の捻挫はジャンプをした時の着地で、他の人の足を踏んだ時に、

足を内側にひねって捻挫をするケースが多いと思います。

もしも捻挫してしまった場合は、RICE処置が必要です。

・R(安静)

・I(アイシング)

・C(テーピングなどで圧迫)

・E(足を心臓より高くする)

これが応急処置になります。

膝の痛みは
・半月板損傷
・タナ障害
・オスグッド シュラッター病
・側副靭帯損傷
・十字靭帯損傷
・膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
・離断性骨軟骨炎

または膝関節付近の炎症

などによって起こることがあります。

膝のひっかかりを訴える場合は、

半月板損傷やタナ障害、

ガングリオンなどの腫瘍などが考えられます。

まずは私たちのような専門の先生に診てもらいましょう!

バレーボールのスポーツ障害のことなら、加古川の整骨院、こやま整骨院へ、お気軽にご相談くださいね♪