TEL

ボウリングで使う臀部の筋肉の役割 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

ボウリングで使う臀部の筋肉の役割

2018.01.27 | Category: スポーツ障害

おはようございます!

加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
最近は関東では大雪でここ加古川市内でも雪が降っていました。
今日も加古川では最高気温が5度で最低気温は-1度の予報が出ていました。。
実際に僕が住んでいる加古川市の稲美町では車の温度計では-2度になっていました。
こういった急な気温の変化で身体がびっくりすることがありますので風邪を引かないように気をつけなければなりませんね!

話は変わりますが臀筋のトレーニングについて少し考える機会があったのですがあるスポーツをした時にお尻の筋肉が筋肉痛になることがあります。
このスポーツは何かといいますとボウリングです。
学生の間はジャンプ競技をしていましたので筋肉痛になったことがなかったのですがこの運動不足が続いた状態でボウリングをすると筋肉痛になり気付きました笑
というのも中殿筋や小殿筋といった筋肉は股関節を外転する作用があるのですがこれは立っているときに骨盤が倒れないように支える役割を果たすのです。
なのでボウリングのような片足立ちの際に大きな負担がかかるような動きをすると中・小殿筋に負担がかかり筋肉痛になったのです。
高齢者のような臀筋が衰えて骨盤が不安定な場合であれば片足立ちを行うことでこの臀筋を鍛えることができます。
ただし大きな負担はかかっていませんのでただ単に片足立ちを行うときであれば筋力的に弱っている時が効果的です。
肩や腕が筋肉痛になるのはなんとなくわかりますがお尻の筋肉が筋肉痛になるのはなかなかイメージにはありませんよね笑
私たちは普段難なく立って歩いてしておりますがこれも重力に打ち勝つ筋力がなければできません。
そしてこの筋力が衰えてきますと生活をするうえでも過ごしにくくなってしまったりします。
筋力は歳を取ると年々衰えていきますので適度な運動を心がけていきましょう!

卓球、張本選手の活躍!成長痛にも注意

2018.01.20 | Category: スポーツ障害

こんにちは!加古川の整骨院(こやま整骨院)の木庭です

卓球の張本選手が優勝されましたね☆
ジュニアの男子シングルスで最年少記録を更新されました
若干14歳ながらの快挙にはさすがの一言です笑
これからも頑張ってもらいたいです(^^♪
僕にはバレーボールをやっている妹がいるのですが最近県大会出場が決まりました☆
僕もバレーをしていたのですがあまりいい成績は出せず
僕の影響ではじめたこともあり自分のことのように嬉しかったです。
よく怪我や成長痛に悩まされていますが自宅やこやま整骨院でケアを行っているので
無駄じゃなかったなと思います。
若い世代の子には本当に頑張ってもらいたいですね♪
あまり妹に言うと思いあがるので陰からこっそりと応援していこうと思います(^^)/

カヌーの鈴木選手の件について

2018.01.12 | Category: スポーツ障害

こんにちは!加古川の整骨院(こやま整骨院)の木庭です

皆さんは正月どのように過ごされましたか?
僕は飲んで寝ての繰り返しでずっと家で過ごしたので初詣すら行けていません( ;∀;)
初詣は15日ぐらいまでに行けば良いとのことなので今週末にも行こうともいます。

その方が混雑していないししっかりお参りできますしね笑
話は変わって先日カヌーの鈴木選手が小松選手のドリンクボトルにドーピング剤を混入したことが
発覚されたらしいですね、
普段から親交があった仲なのにかなり最低なことをしたなと思いました、、
鈴木選手は自分感情に耐え切れず自白したみたいですがもししてなかったら
小松選手の選手生命は終わっていたといってもおかしくないですね。

この一件で良くも悪くも注目されることになるでしょうから小松選手にはオリンピックにむけて
頑張っていただきたいですね☆

人は必ず過ちを犯すことがあるとは思うのですが、人はたった1度の過ちですべてを失ってしまうこともあるのだなぁと感じさせるような出来事でした。

加古川の整骨院、こやま整骨院から腹筋の正しい方法について

2017.12.28 | Category: ぎっくり腰、腰痛

加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です!
少し余談ではありますがなぜ腹筋をするときに膝や股関節を曲げるのかご存知でしょうか?
僕は2年ほど前に知りましたが・・・笑
この腹筋なのですが実は腰椎や骨盤から大腿骨(股関節付近)の方についている筋肉があるのです。
これを腸腰筋と呼びますがこの腸腰筋の緊張によって腰を痛めてしまう可能性があると発表されたからです。
例えばこの腸腰筋は股関節を曲げる時や外旋するときに働く筋肉なのですがこの筋肉は股関節を曲げることでたわんだ状態になるのです。
逆にこの股関節を伸ばした状態で腹筋をすればこの腸腰筋の緊張によって腰の骨が引っ張られて痛めてしまうという説があります。
細かく言うと腹筋をするときに初めから股関節を曲げた状態にしておくのはこの腸腰筋が働きにくい位置に初めから設定して、
腹筋に効果をもたらしやすくするためや腰痛から守るといった意味が込められています。
ほとんど気にすることはないかとは思いますが余談としてお話しさせていただきました。

身体の緊張や、こわばりにストレッチがお勧めです。

2017.12.07 | Category: ぎっくり腰、腰痛

こんにちは!

かなり寒い日が続きますね(^-^;
加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
こんな寒い日は身体がちじこまり、肩こりや腰痛がいつもよりひどく感じられる患者さまも多いのではないでしょうか?

ところで、みなさんは家でストレッチをされますか?

すとれっちは身近で簡単に身体を緩めることができる良い方法です。
あまり家でストレッチをされている方は多くないかと思います。
ストレッチの時間は筋肉を伸ばしているだけでなく体自体を休めてリラックスさせる効果もあります。
なので筋肉のみに効果があるというよりかは間接的に身体を良くする効果も期待されます。
最近は気温も低くて寒い日が続きこれからもしばらくは続きますので身体は余計に緊張した状態が続きますね。
なのでこういった簡易的なリラックスさせる方法として取り入れることをお勧めします。
簡単な運動なんかでも気分転換、ストレス発散、リラックスなんかの効果がありますので普段の生活にも取り入れていけば良いでしょうね。
例えばストレッチなんかは腕のストレッチや足腰のストレッチ、長座をじわーっとゆっくり30秒ほどすると良いでしょう。
軽い運動は例えばウォーキングなんかがやりやすいかもしれませんね。
ただ膝が痛かったり腰が痛い場合なんかは水中で運動をすると負荷が関節にかかりにくく楽に運動ができます。
いろんな方法がありますので是非ご自分に合った方法を見つけてくださいね!

ABWキックボクシングの試合観戦

2017.12.06 | Category: スポーツ障害

加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
先日、こやま整骨院の古山先生、木村先生、河野先生、竹元の4人でキックボクシングを見に行ってきました。
注目の選手はベハラノ・ヒデキ選手。
ヒデキ選手はABWライト級チャンピオンです。
そして対戦相手はABWウェルター級チャンピオンの石原義也選手。
なのでHideki選手の階級より上の階級になります。
お互いにベルトをかけた注目のカードとなりました。
Hideki選手vs石原選手までの試合も何試合か拝見させていただきましたがまずは身体の仕上げ方がかなりすごかったという印象でした。
そして試合も大接戦の連続でした。
どの選手もかなりの実力の持ち主なので3Rでは決まらず判定へ持ち越しの試合がほとんどでしたね。
見ているこちらも手に汗握るような試合でした。
この時点で圧巻され続けていたのですがやはり最後の試合、Hideki選手vs石原選手は一味違いました。
階級は違いますがお互いにチャンピオン同士なので迫力、盛り上がりすべてにおいて凄かったです。
結果はHideki選手の1ラウンドKO勝ち!!
僕たちこやま整骨院の先生はヒデキ選手を応援に行きましたがガッツポーズがでてしまうくらい喜びをいただきました。
今までの試合はクリーンヒットはあまりなくお互いに一歩も引かないような感じでしたが最後の試合はクリーンヒットの連続で圧倒的に見えました。
本当におめでとうございます!
加古川の整骨院、こやま整骨院一同、今後もベハラノ・ヒデキ選手をはじめ、スポーツを頑張っている選手達を全力でサポートしていきたいと思います!

アキレス腱の断裂について ~加古川の整骨院・こやま整骨院~

2017.12.02 | Category: スポーツ障害

加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
今日は腱について少しお話しします。
まず靭帯や腱や筋肉などたくさんお聞きする中でどういったものなのかあまりわかっていない方もおられるかと思います。
僕自身も勉強するまでは腱や靭帯などあまり違いが判りませんでしたので少し触れさせて頂こうかなと思いました。
靭帯の損傷という言葉は今までに一度はお聞きしたことがあるとおもいます。
そしてアキレス腱の断裂といった言葉もお聞きしたことがあるかと思います。
ではこの違いは何かといいますと腱というのは筋肉が骨にくっつく付着部付近で性質を変えて強度を上げ、損傷しにくいような構造、
または力を発揮させやすいような組織になります。
なので本来この腱は切れにくく相当な外力がかからないと切れません。
なので筋肉が急激にかなり大きい力を発揮しますと腱が骨をちぎるように裂離骨折を発生させてしまったりします。
それほど腱というのは強固になります。
そして靭帯というのは筋肉から連携しているのではなく関節の可動域を制限し、関節自体を強くするものと思っていただいて良いと思います。
なのでどちらの損傷の方が多いのかといいますと圧倒的に靭帯の損傷の方が多くなります。
捻挫というのは靭帯の損傷が起こっているものですので想像しやすいかと思います。
この腱は筋肉の柔軟性が低下して硬い状態にあると特に部分的な断裂や完全断裂、または裂離骨折になりやすいです。
なのでできるだけ身体の柔軟背を保てるようにケアしていかなければなりませんね。

スキージャンプW杯、日本男子3位!なぜ強い!?

2017.11.27 | Category: スポーツ障害

こんにちは、加古川の整骨院、こやま整骨院の藤田です。

昨日スキージャンプ男子がW杯で3位になりました。
よくテレビで表彰台に上っているイメージがありますが、なぜここまで日本は強いんでしょうか?
130m前後も空中に飛んでいると考えると恐くて足がすくみますね(;^ω^)

最近スポーツを見ていると10代の選手が多くなってきていて競技によって違いますが、選手の寿命が短いスポーツが多いことを感じます。
その反面サッカーの三浦知良選手、野球の福留選手、スキージャンプの葛西選手など、スポーツ界の中では高年齢の選手もいます。
何故ここまで違うのか?やはり身体のケアの違いなのかなと思います。食事や普段の生活もそうですが、治療なども他の選手より更に努力しないといけないと思います。
カズ選手は毎日がトレーニングと言うぐらいで、オフシーズンでも休み一足早くトレーニングし身体を作っているみたいですしね。
このように年齢が上がっても若い選手と戦うにはそれぐらいしないといけないんだなと感じました。
そう考えたらとても凄い事ですよね。
個人の実力もあると思いますが、ベテランと新人の勢いがマッチしたらスキージャンプのように表彰台や世界でも強くいられるのではないかなと思います。

 

羽生選手の足関節捻挫、安静10日間

2017.11.14 | Category: スポーツ障害

こんにちは!
加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
最近、羽生結弦選手が足首を捻って捻挫していましたね。
朝、ニュースをみていたのですが捻り方を見ていると外側を痛めるような捻り方をしていました。
しかもかなり痛そうな捻り方でしたね・・に
整形外科病院のドクターやプロのトレーナーからみると絶対安静が10日間ほど、そこからのリハビリが3週間ほどかかるとのことでした。
僕たちもこういった治療をしますがやっぱり初めの絶対的な安静をするかしないかで予後がかなり変わります。
またその後のテーピング等でリハビリ初期の負担をできるだけ少なくしながら身体を動かしていくのもポイントです。

捻挫といった外傷でもそうですが一番大切で必要なのはまずは安静といったところにあります。
整形外科の先生やトレーナーからみてもそうなのでこれは変わらないでしょうね。
なので捻挫をしてしまった場合は安静をとったのち組織が修復されてある程度関節を動かせるようになったならば少しずつそういった関節に負荷を与えて強くしていきます。
ただただ安静にするだけなのですがこれが実はかなり難しいんですよね。
なのでこれはかなり意識して患部を守るようにしなければなりません。
もしも捻挫をしてしまった場合は必ずお気をつけください!

寒さのせいか最近はぎっくり腰が増えてきました。

2017.11.07 | Category: ぎっくり腰、腰痛

こんにちは!
加古川の整骨院、こやま整骨院では最近、神経痛やぎっくり腰の方が急激に増えてきました。
季節や気温、他の環境因子が重なってこういった神経痛やぎっくり腰に関与しているのではないかと思います。
こういったことは明確にはされませんがこういった経験からすると傾向としてはやっぱり増えてきていますね。
痛みでもまだ我慢して仕事をできるレベルの痛みであればまだマシな部類に入るのかもしれませんがぎっくり腰や寝違えなど動けない部類の痛みはなんとかすぐにでも取りたいものです。
特にぎっくり腰なんかはいくつか種類分けして僕たちは治療しますが治療後に痛みをかなり軽減できるパターンや逆に何をしても大幅な痛みの軽減が望めないものもあります。そしてこのようなぎっくり腰こそ最も治療が必要なぎっくり腰なのです。

なぜでしょう?

それはぎっくり腰の後遺症が残ってしまう可能性が高いぎっくり腰だからです。

ぎっくり腰には色んな種類のぎっくり腰がありますが、後遺症が残ってしまうと痛みが完全に取れることはなく、残ってしまうか、天候の変化などによって違和感が必ず出るような腰痛に変わってしまうのです。
こやま整骨院ではこのぎっくり腰のタイプの見極めを最初に行い、患者様に治療プランの提案をさせていただいております。

病院や整形外科でこのような細やかな説明を行っているところはおそらくですが、ありません。

骨折などによって手術が必要なケース等、かなり重症のケースについては整形外科病院に頼ることが良いとは思いますが、神経痛や腰痛などでも比較的医学的には軽度ととらえられがちな症状でも患者様にとっては大きな苦痛を感じるはずです。

このような神経痛や腰痛に関しては、加古川の整骨院、こやま整骨院にぜひお任せください。