TEL

バレーボール治療 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

バレーボール治療

≪バレーボール治療にもご対応している加古川のこやま整骨院では安全・安心の施術でサポートいたします!≫

バレーボール治療はバレーボール選手が必要としている施術で、加古川のこやま整骨院ではあらゆるスポーツ障害へのご対応に力を入れているため、バレーボール治療についても安心してご相談いただけます。バレーボール選手に多い、突き指・手首の痛み・肩の痛み・背中や腰の痛み・肉離れ・アキレス腱の損傷など、幅広いケガや不調を早期回復目指してサポートしております。突然のケガでも加古川のこやま整骨院にご相談いただければ、練習や試合も無理のない範囲で参加できるように施術プランをご提案させていただきます。

バレーボール治療についてはケガや不調への施術はもちろんですが、バレーボールという競技についても深い知識と理解が求められます。また、バレーボールは個人競技ではないためチーム状況や試合の日程なども考慮して施術プランを立てる必要があり、メンタル的なフォローも行ないながらトータル的なサポートが必要となります。加古川のこやま整骨院ではこれまでにも多くのバレーボール治療を行なってきた豊富な経験と実績があり、パフォーマンスアップについてもご対応が可能となっておりますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

バレーボールは基本的にジャンプする機会が多い競技で膝への負担がかかりやすいスポーツです。特に骨化がまだ未熟な子供の頃はこういったジャンプを何度も何度も繰り返し行うと脛の骨への負担が大きくなってしまい炎症を起こしてしまったりするケースがございます。そういったケース意外にお皿の下の靭帯を痛めてしまうケースもございます。なのでバレーボールのようなジャンプ競技で膝は痛めやすいですが年齢や痛みのでる特徴をしっかりと把握していかないと誤診へとつながってしまいます。先ほど述べました脛の骨が痛んでしまう疾患をオスグッド・シュラッター病といい、お皿の下の靭帯が痛んでしまう疾患を膝蓋腱炎またはジャンパー膝と呼びます。しかし他にも半月板の損傷や棚障害、分裂膝蓋骨など他にも様々な疾患と鑑別していかなければなりません。それも発症しやすい年代、ポジション、練習量など様々な観点から見ていかないといけません。

またネット際のプレイになりますと足首の捻挫や肉離れなどの外傷が多くなってきます。特にジャンプの際や着地の際など受ける外力は当然大きくなります。なのでその分、怪我自体も大きいものとなってしまうことがあります。ブロックの時に指先にスパイクで打ったボールが当たって突き指や骨折を起こしてしまうケースもありますが特にバレーボールではこの突き指は多く見られます。こういった突き指や足首などの捻挫はテーピングを施し固定することで速やかに治癒していきます。逆に痛みがある状態で患部への負荷をかけてしまうと治癒しかけていた患部はまた痛んでしまい治癒期間が延びてしまいます。なのでこういった外傷は患部への負荷をかけないように早急に治していかなければなりません。

そしてバレーボールではスパイクやサーブで肩を使うことの多い競技です。なので肩関節付近の怪我もおおくなってきます。よく起こる怪我としては上腕二頭筋腱の損傷や腱板の損傷、その他関節包や靭帯などさまざまなケースが考えられます。これらは外傷に合わせた検査法を行い鑑別を行い的確に治療を行っていきます。

ジャンプ時の衝撃やステップの切り替えしの時は特に膝の損傷が多く起こりますが側副靭帯の損傷や半月板の損傷、ひどければ十字靭帯の損傷を起こすこともありえます。半月板の損傷はバレーボール意外にもバスケットや陸上競技などさまざまな競技で起こり得る損傷です。なのでこの半月板の損傷は気をつけなければなりません。半月板は膝関節内部の線維軟骨と呼ばれるもので軟骨はレントゲンには写らないため、MRIを撮らなければなりません。膝の引っ掛かり感や嵌頓症状(ロッキング)また熱感や激しい痛みなどが見られた場合は注意が必要です。関節内の組織は修復されにくいという特徴があるのですが半月板は膝の関節内部の組織になりますので一度損傷されますと修復されることはほとんどありません。しかし損傷の度合いによりますが手技を行い患部の安静や身体の使い方を修正することで痛み自体は軽減またはなくすこともできます。ただほとんど半月板が断裂してしまいますとロッキングの症状もひどくなり膝が動かなくなってしまったりかなりの激痛に襲われます。なので場合によりますが外科的な処置を行う方が良い場合もあります。

他にバレーボールで特に多い外傷は「突き指」と呼ばれるものです。ブロックする際に多く見られますが縦方向のみに動く指の関節が横方向に伸ばされたり過伸展されることで捻挫を起こします。幅広い年代で起こる捻挫ですが治療の方法や生活指導を間違えると1週間ほどで治っているはずの突き指が2週間かかってしまったりなかなか治癒しなかったりします。他の外傷にも言えることではありますが特にバレーボールはスパイクやサーブ、ブロックなど指に刺激が加わる機会が多いので慎重に患部を安静に保たなければなりません。また指先の腱が断裂してしまった場合に突き指と思い放置してしまうと最悪のケースは指が伸びなくなってしまいます。なのでこういった後遺症を残さないためにも注意が必要です。肩関節のケガがあるとサーブを打った時に激痛が起こることがありますがこういった肩の痛みがある場合はサーブを打つことを一定期間せずに休めなければなりません。肩甲骨からの筋肉の損傷が起こるとこういった激痛に繋がることがあります。肩の関節は筋肉の固定に依存していますのでサーブといった肩の動作や物を投げるような動作の時に肩に負担がかかりやすくなります。筋肉の損傷が起こっている時はその損傷部位に刺激を与えることは余計に筋損傷を長引かせてしまう原因にもなりかねません。そこに肩関節にとってよくないポジションという状態を作ってしまうと更に損傷部位に負担がかかってしまいますので治りは悪くなります。スパイクによる衝撃でも起こりますがこういった場合の肩の痛みは肩のポジションも重要となります。肩甲骨の関節の面と上腕骨の関節が真っすぐなるようにすれば肩関節への負担はかかりにくくなります。なのでこういったポジションを作る練習、習慣づけが怪我の防止にもなります。

バレーボールはコンタクト競技ではありませんのでほとんどの場合大きな怪我にはつながりませんが繰り替えして体への負荷がかかったりスパイクの衝撃を受けたりしますので怪我は多くなります。またスパイク時の肩関節への負荷による外傷も多くなります。こやま整骨院ではこういったバレーボール競技における特徴を熟知しております。なのでバレーボールによって身体を痛めてしまった場合は一度ご相談ください。