TEL

鼠径部痛 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

鼠径部(股関節付近)の痛みはスポーツ選手に起こりやすいです。スポーツ障害の約5%は鼠径部周辺の痛みです。痛みもその辺りというアバウトな表現が多い。その中でも鼠径ヘルニアというものがあります。鼠径ヘルニアは脱腸とも言われており、よく歩いた後や激しい運動をした後に痛みや不快感が出ます。鼠径ヘルニアはまれである。他では神経痛や腸腰筋の硬さが原因で痛みが出るケースが多いです。まず腸腰筋の硬さは座り仕事をメインに多くの職種の方にでます。腰部臀部の筋の緊張により神経が圧迫されて陰部大腿神経が圧迫されて鼠径部に痛みやだるさが出ます。よく股関節に原因があると思うことがあるのですが、そこはしっかりした鑑別が必要です。筋の緊張であるなら、腸腰筋のマッサージやストレッチなどで緊張を緩和します。それでも取れないようであれば腰臀部の緊張した筋をマッサージとストレッチでほぐしていきます。ほぐすことで先ほども言いましたが、神経痛の治療にもなりそれプラスで鼠径部周りの圧力を下げていきます。股関節痛であればそのような手技だけでは痛みは取り切れません。その場合は整形外科などへ通院していただく場合もあります。ただ大体の痛みはこやま整骨院で取れるので是非相談や、ご来院ください。