TEL

鵞足炎 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

鵞足とは

膝の内側につく縫工筋、薄筋、半腱様筋のことを総称して鵞足と呼びます。この部位が炎症を起こすことがありますがそれを鵞足炎と呼びます。症状としては走る際やランニングをすると膝の内側に痛みが生じます。特に膝を繰り返し曲げ伸ばしたり、ダッシュ動作など大きな力が加わることが多い方に発症しやすい疾患と言えます。オーバーユース(使いすぎ)によって起こりやすいと言えます。ただオーバーユースによって起こるだけではなくて外骨腫やガングリオンというできものによって起こることもあるのでそういった原因の鑑別には気をつけなければなりません。

治療としては鷲足を構成している筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)のストレッチを行ったりマッサージを行って筋肉を緩めていくことで痛みは緩和してきます。炎症の起こっている脛骨の内側部にできる限りストレスが加わらないようにしっかりと筋肉を緩めていくことが大切です。またオーバーユースから起こる鵞足炎に関してはダッシュやランニングの量を調整していくことも大切です。また炎症部位にはマイオパルスやアキュスコープを当てることで回復を早めることが出来ますので時期に合わせて治療していく必要があります。