TEL

膝半月板損傷 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら


膝の半月板はスポーツをしているとなることが多い。その中でも前十字靭帯の断裂と伴い損傷することが多いです。また高齢者にも多く繰り返し使っていると削れていきます。先天性の外側円盤状半月版は外傷がなくても起こります。症状としては一定の動作や肢位で膝に痛みがでます。関節は熱をもち水が溜まります(関節水腫)。膝を屈曲した状態で下腿を回旋させたら痛みやロッキングが起こります。この検査をマックマレ―テストといいます。スポーツ障害の場合は前十字靭帯も損傷している場合が多いのでオペが必要になりますが、高齢者の場合はすぐにオペをする必要はありません。周りの硬くなっている筋肉や関節包などの軟部組織をすとれっやマッサージで緩めるだけでも膝の曲がり具合は変わってきます。それにマイオパルスなどで内部のケアも行っていきます。曲がる角度も症状が悪化すると狭くなっていきます。なのでできるだけ負荷をかけないようにする必要があります。中にはヒアルロン酸の注射をする方もいますが、すべての方が良くなるというわけではありません。またこやま整骨院では膝の痛みがあった方でも痛みがなくなったというケースもございます。オペを考えている方や、どのような感じかを知りたい方は是非こやま整骨院へお越しください。