TEL

腸脛靭帯炎 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

【症状】

ランニング時に痛みを感じることが多いです。初期はランニングの距離と共に痛みが出てきますが、酷くなれば普段も痛みを感じる場合があります。大腿筋膜張筋が骨盤のズボンが引っかかるところ(上前腸骨棘)から膝に向かって太ももの側面を走っていますが大腿筋膜張筋が腸脛靭帯となり脛骨外側顆につきます。腸脛靭帯を押せば痛みも誘発されます。

【原因】

ランナー膝とも言われておりランナーに特に多い症状です。大腿骨外側上顆と腸脛靭帯が膝の屈曲時に擦れることでおこります。過度なトレーニングや普段トレーニングしていない方、柔軟性に欠けている方に多くみられる症状です。

【治療】

まずは腸脛靭帯を押しながら膝関節を屈曲させます。その時痛みが出たら陽性と思ってもいいかもしれません。熱感があればアイシングとおもにプラス、マイオパルスでの治療を行います。あとは周辺の硬い筋肉をほぐします。痛みが無い状態になればトレーニングを開始します。まずはストライド走法は禁止で歩幅が狭いピッチ走法でトレーニングを進めます。歩幅が狭い分屈曲動作が少なくなるため痛みがでにくいです。過度にトレーニングを行うと再発するリスクが高まるためゆっくりトレーニングしていくよう指導します。もちろん大会などある選手など個人個人違うのでその分は考慮しながら治療していきます。