TEL

有痛性分裂膝蓋骨 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

一般的に使われている、「膝のお皿」とは「膝蓋骨」といい、大腿四頭筋の種子骨です。大腿四頭筋は太ももの前の筋肉で膝を伸ばす(伸展する)役割がありますが、ここが硬く線維化したり硬結ができると膝周辺に痛みを感じます。有痛性分裂膝蓋骨は病名の通り膝蓋骨が分裂しています。その分裂している場所を押せば痛さが出るので圧痛を確認することで鑑別していくことが出来ます。分裂膝蓋骨でも種類が3つほどあり、右膝なら右上、左膝なら左上といったように、外上方が分裂しているケースが多いです。先ほども言いましたが、大腿四頭筋の硬さや筋力の無さからくる膝関節への負担により痛さがでてきます。まずは普段から大腿四頭筋のストレッチをしっかり行うことが大切で、それだけではなく腰臀部の柔軟性も大切になります。治療としては膝周辺と腰臀部、股関節の硬くなっている筋肉を緩めます。それに分裂しているところにマイオパルスを当て痛みの緩和を行います。膝蓋骨の負担を減らすにはテーピング固定を行うことが有効になりますので膝蓋骨の動きを制限するようなテーピング、大腿四頭筋の筋力を助けるようなテーピングを施します。先天性に分裂していて痛みが出ていない方も中にもおられますので治療が不必要なケースも中には存在します。運動をされる方は数日間休み、すぐに復帰するのではなくある軽いランニングなから始めます。そして大腿四頭筋や膝周りの筋肉の強化をしていき膝蓋骨にかかる負担を軽減していきます。練習や試合を開始するまえにはストレッチとウォーミングアップをしっかり行ってい、万全の状態で臨むようにしていくことが大切です。