TEL

五十肩 | 加古川市の整骨院 | こやま整骨院

お問い合わせはこちら

五十肩はその名の通り、50歳代に多い肩の痛みが伴う症状で肩関節の動きも狭くなることが特徴と言えます。両肩とも発症することは多くはありませんが少なからず発症します。症状としては初期では肩の前方に痛みが生じることが多く、少しずつ慢性化してきますと前方から外方へ痛みが移動してきます。最終的には痛みは更に後ろの方へ移動していきます。肩関節の可動域が低下して動きにくくなってきますがこれは肩関節の拘縮が起こることによって関節の可動域が極端に低下することによって起こります。原因はさまざまな説がありますが基本的には肩関節周りの炎症、損傷、または組織自体が変性してしまうことなどによって起こることが報告されています。肩の拘縮が進行するとほとんどすべての可動域において可動域制限が起こってきます。

治療はほとんどのケースでは保存的に行っていきますが保存的な治療を行っても拘縮や癒着が強く、無効なケースにおいては手術を行うこともあります。基本的な治療としては炎症が治まれば肩関節周辺のマッサージやAKAなどを使って関節の可動域を出していきます。痛み自体はマッサージで取れていくことが多いのですが関節の可動域を広げていくことに関してはマッサージだけでなくAKAという手技を用いて広げていくことが出来ます。