TEL LINE

ホーム > Blog記事一覧 > 2017 4月の記事一覧

野球選手に多いローテーターカフ、腱板損傷

2017.04.27 | Category: 未分類

こんにちは。
加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
今回は肩の疾患について書かせていただきます。
肩の外傷で多いのは肩板損傷と呼ばれるものです。
肩板とはローテーターカフと呼ばれ
棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋があります。
なかでも最も多いのが棘上筋になります。
これは肩を上げた時に棘上筋が
肩甲骨の一部と衝突し、
損傷するパターンが多いです。
肩を横に上げる時に
他の人に抵抗を加えてもらい
その時に肩に痛みがあれば
棘上筋の損傷をしている可能性があります。
治療としてはアイシングやマイオパルス、アキュスコープ、
そして安静がかなり重要になります。

最近でもソフトバンクの和田投手が左肘を痛めて1週間のノースロー、復帰まで1か月とされました。

プロの野球選手でもしっかりとした休養をとるのです。

そして、ノースローの休養後、しっかりとしたトレーニングをします。

 

加古川のこやま整骨院では野球選手も多く来院しており、特に、肩、肘、股関節の症状の治療に実績があります。

適切な休養期間とリハビリメニューで早期復帰を目指していきたい方は是非当院へおまかせください!

 

 

あなたの骨盤の歪みのタイプは?骨盤の前傾と後傾について。

2017.04.26 | Category: 未分類

こんにちは!
加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。骨盤ってどうやって歪むの?ひょっとして自分は骨盤が歪んでいるのではないか?など考えたこと、みなさんは考えたことがあるのではないでしょうか?

今日は骨盤の歪みの発生原因について簡単に説明していきますね。
まず骨盤にはたくさんの筋肉が付着しています。前にも後ろにも横にもあらゆる方向に付着しています。たとえば先日お話ししたように、大腿四頭筋や腸腰筋といった筋肉が緊張すると骨盤は前に傾き、腰の反りが強くなってしまいます。そうなれば腰を後ろには倒せますが前には倒しにくくなります。

逆に後ろの筋肉のハムストリングスが緊張したら骨盤は後ろに傾きます。よくお年寄りの方が腰を曲げて歩いていることを見かけることがあると思いますが、まさにこの状態です。

このようにして、筋肉の硬さが骨盤を機能的な位置から逸脱させることがあるのです。そして、さらに悪循環は続きます。

骨盤の歪み(正確な骨盤の位置からの逸脱)によって、筋肉のバランスが崩されるのです。

そこで、この原因となる筋肉の緊張を取り除けば骨盤への張力も減って機能的な位置に戻すことができます。

この筋肉の緊張を取り除くための手段がマッサージやストレッチに加え、骨盤矯正や自律神経の調整なのです。

まずは、みなさんの骨盤が歪んでいるのかどうか、どのようなタイプの骨盤の歪みなのか見分けてみましょう。

そして、その歪みがあなたの体にどのように影響しているのかしっかりとした説明を受けて、今後の健康管理に役立てて頂ければと思います。

加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元からのお知らせでした♪

腰の疲れが出やすい職業

2017.04.23 | Category: 未分類

こんにちは!
加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
今まで人生で一回もコルセットを
巻いたことがなかったのですが
ついに勉強も兼ねて巻くことにしました。
結構、腰というのは普段から
知らず知らずのうちに駆使しています。
というのは、脊柱起立筋群が働くことで
ヒトは姿勢を真っすぐできているので
姿勢をピンと真っすぐ伸ばしたら
自然とこの筋肉が使われているのです。
ですから普段生活していて
この筋肉に負荷がかかっていない
時間というのはかなり少ないでしょう。
お仕事柄によっては
かなり負荷がかかるお仕事も
ありますので、
押されて初めて
かたい!!
と言われることもあります。
それだけ知らず知らずのうちに
負荷がかかっているのです。
立ち仕事や土木作業者、
デスクワークをされている方など
いつのまにか腰に疲労を蓄積し、
結果的にはぎっくり腰みたいになった。
曲げると痛い。
横に回旋すると痛い。
ピキっとなって腰を痛めそうで恐い。
などの諸症状を引き起こすことがあります。
ですから普段の生活から
腰の事を考えてあまり負荷を
かけない動きを
心がけなければなりません。
痛みだけでなく
足がピリピリした感じになる、
違和感がある、
つっぱるような感じになる。
などといった事にもなりますので
僕もコルセットを巻いて
しっかり予防と勉強をしています。
これだけ腰というのは
疲労の影響が出やすいのです。

昔から肝心要の腰と言われる所以です。

 

加古川の整骨院、こやま整骨院では様々なタイプの腰痛の治療方法を施術しています。

少しでも違和感を感じたら一度診察を受けてみることをお勧めします。

あなたの腰痛の原因をしっかりと聞いて、今後の生活に生かしていきましょう♪

関節の可動域訓練について

2017.04.15 | Category: 未分類

こんばんは!
加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です♪

今回は関節可動域訓練についてかかせていただきます。
関節可動域というのは、例えば肩をクルクル回せていたはずなのに
いつの間にか回りにくくなっていた、などの
関節の動きが制限されることです。
これは筋肉自体が硬くなってしまったり、
関節付近の組織がくっついて
癒着してしまってる状態が多いです。
こういった状態になると関節付近に
痛みを誘発することがあり、
放置し続けるとさらに悪化することがあります。
ですので関節可動域訓練を行い、
徐々に動きの制限をしている原因に対して
アプローチをかけていかないといけません。
そして関節可動域訓練とは
行っていることを簡単に言うと
ストレッチングです。
これによって癒着を徐々にはがしたり、
筋肉の柔軟性を取り戻し
可動域を広げていくのです。
ポイントは焦らずに
徐々に徐々に継続して行うということです。
そうすれば癒着や硬直ならば
可動域が広がって痛みも徐々に
改善されていきます。

 

焦らずにゆっくりと
家でストレッチングをして
可動域を広げて痛みをとっていきましょう!

 

注意 

それでも可動域が広がらずに痛みが続く場合は神経痛の恐れがあります。

痛みが取れにくい時は早めに相談してくださいね。

 

加古川の整骨院、こやま整骨院、竹元からのお知らせでした♪

 

 

日々のストレスケアにはエレクトロアキュスコープ!

2017.04.14 | Category: 未分類

こんにちは!

加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。

今日はストレスと体の不調についての関係性のお話しです。

現代社会はストレスのたまりやすい環境と言われています。
そして、精神的なストレスというのは意外ですが身体に不調をもたらします。
これはドクターにも認められており、治療上重要となることがあります。
精神的なストレスが上昇すると筋肉の緊張や姿勢が悪くなることがあり、肩、首、腰、足、膝など
さまざまな部位に影響を及ぼすことがあるのです。
ですから良い体調を維持していくためにはストレスマネジメントが治療上必要となることがあるのです。

病院からもらったお薬を飲むことで身体を治すことも必要なケースは多いでしょう。

しかし、体の調子をコントロールしているのは自律神経なのです。
マッサージ、深呼吸、ヨガ、瞑想などでリラックス状態を作り出してしっかりと休養を
とることがストレスマネンジメントのポイントかと思います。

加古川のこやま整骨院ではエレクトロアキュスコープという微弱電流治療器を使用して、自律神経の調子を整えます。

ストレスが原因で起こる体の不調に心当たりがある方は、是非一度エレクトロアキュスコープによる治療を試してみてくださいね!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒675-0101 兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
予約予約優先制
電話番号079-490-3925
駐車場6台あり
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日