TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2017 1月の記事一覧

足首の怪我について

2017.01.30 | Category: お知らせ,未分類

こんにちは!加古川の整骨院、こやま整骨院の木村です♪
今日は皆さんも一度はなられたことがあると思います、足関節捻挫の外側と内側の痛みの原因をお伝えします。

まず足首の内反捻挫(外側の痛み)は、スポーツ選手などによく起こりやすい捻挫です。
この内反捻挫では「前距腓靭帯」が損傷されやすいです。
足首を内反、底屈の方向に強く曲がることで発生します。

その他の足首外側の痛みの原因 
  :一般的な原因:
・腓骨筋腱障害
・足根洞症候群

  :まれな原因:
・インピジメント症候群 
 内外側
 後方
・腓骨筋腱の反復性脱臼
・距骨の疲労骨折
・関連痛
 腰痛
 腓骨神経
 近位脛腓関節

  :見逃してはならない原因:
・脛骨遠位の疲労骨折
・立方骨症候群
・複合性局所疼痛症候群Ⅰ型(膝や足関節の外傷後)

次に足首の外反捻挫(内側の痛み)ですが、この外反捻挫はスポーツなどではあまり起こらない捻挫です。
こちらの捻挫のほうが治療に時間がかかる場合が多くサッカー選手はボールを蹴った時に、相手選手と接触することで内側の靭帯を痛めることがあります。この時に「三角靭帯」とういう靭帯が損傷されます。
この靭帯は丈夫で簡単には捻挫しないですが一度損傷されると治りが遅いのが特徴です。内反捻挫(外側を痛める)の経験がある方が三角靭帯を損傷されると、外側の靭帯に比べてあまりにも治りが悪いので、心配になられる方がいるほど難しいケースがあります。

その他の足首外側の痛みの原因 

  :一般的な症状:
・後脛骨筋腱障害
・長母趾屈筋腱障害

  :まれな原因:
・内側踵骨枝絞扼
・踵骨の疲労骨折
・足根管症候群
・距骨の疲労骨折
・内果の疲労骨折
・後方インピジメント症候群
・腰痛からの関連痛

  :見逃してはならない原因:
・舟状骨の疲労骨折
・急性足関節外傷の合併症
・複合性局所疼痛症候群Ⅰ型(膝や足関節の損傷後)

私(木村)も加古川のこやま整骨院に来て間もないのですが、この整骨院ではよく学生の子供たちが来院されています。
特に多いのはやはり野球、サッカーやテニスをやっている子が多いなとお見受けします( ;∀;)
こやま整骨院ではこのようなスポーツ障害に対して、治療はもちろんですが、テーピングや運動指導でケガの防止をしています。
スポーツで怪我をされている方や、足に違和感を感じられる方は、加古川のこやま整骨院までお気軽にお越しください♪

大腿部外側の骨化性筋炎について

2017.01.27 | Category: お知らせ,未分類

こんにちは!加古川の整骨院 こやま整骨院の木村です!

昨日は治療で打撲患者様のケアのお手伝いをさせて頂きました。通常、打撲と言えば、青あざができて、2~3週間もすれば自然と痛みが消えてくるのが一般的と言えますよね。ですが今回は痛みが1か月以上たっても回復せずに、さらに痛みが増悪した「骨化性筋炎」と呼ばれる状態になっておられる打撲患者様の治療となりました。

以下に簡単に打撲と骨化性筋炎の症状や治療についてお話ししていきます。

 

まず、「打撲」とは皮膚や皮下の結合組織に外的な力が働き、組織が損傷、出血を起こしているような状態を言います。打撲は基本的には自然治癒により治ることが可能なのですが、度合や受傷後の治療により早く治せたり逆に悪化させてしまうケースもります。
応急処置としては、受傷したらアイシングです。これは、「内出血の進行」を緩和するためにおこなう動作です。逆に温めてしまうと腫れがひどくなるのでやめましょう。たいていの場合は数日で痛みが引いてくるケースがほとんどです。しかし、まれに腫れがひどく一向に良くならない場合があります。このような時は「骨化性筋炎」の疑いがあるので注意が必要です。

「骨化性筋炎」とはスポーツをしている人によく見られ筋肉の中に骨様組織を形成してしまう障害です。
大腿四頭筋の外側広筋への発症がよくみられます。
主に空手やサッカーの大腿部に打撲がよくみられるスポーツにおこります。またハンドボールやバスケットボールなどのコンタクトスポーツでも、相手や味方選手とぶつかることをきっかけに起こることがあります。症状は、はじめは打撲時によくある患部の鈍痛や運動時痛が起こります。しかし骨化性筋炎は次第に膝の屈曲制限や運動時の激しい痛み、大腿部の固い腫れがみられます。そして、この症状は3か月~半年程度続くことがあるのです。通常の打撲の経過では考えられないほど長期の治療期間を要します。そして、最終的にはレントゲンで骨性組織がなくなるまで安静するほかないと言われています。

僕が今日治療させてもらったのはキックボクサーの方でした。そして、やはり大腿部の外側、まさに外側広筋と呼ばれる筋肉の打撲、挫傷後の症状でした。

実際に骨化性筋炎になってしまうと、治療方法が限られてしまうので、いかに早期に治すかが治療のカギとなります。大腿部の外側の打撲の場合は、無理に使っているとかなりの確率で骨化が起こってしまうようですので注意しましょう!

特にスポーツをされている方は、もし軽い打撲でも、症状を甘く見ることはせず、できるだけ早期に治療をするようにお勧めします。もし、骨化性筋炎の疑いがある方は加古川の整骨院、こやま整骨院までお早めにご相談ください。

加古川 こやま整骨院の野球肩の治療

2017.01.25 | Category: お知らせ,未分類

こんばんは!加古川の整骨院、こやま整骨院のこやまです。

今日は野球選手、特にピッチャーなどに多い、野球肩について説明します。
野球肩は、肩関節のオーバーユース(投げ過ぎ)によって関節唇、棘上筋、関節包、軟部組織を損傷することによるスポーツ障害です。
この野球肩の治療には、一般的にはアイシングや肩、肘、股関節の可動域を良くするためのストレッチ、マッサージによる血流改善、肩の周囲(特にインナーマッスル)の筋力強化があります。また、こやま整骨院では、エレクトロアキュスコープと言われる、関節の損傷に特化した電気治療機器を用いて早期回復をしていきます。しかし、再発を防いだり、根本的に治していくために最も大事なことは、投球フォームの改善です。人の肩関節の構造上、物を投げる動作は不自然な動きと言わざるを得ないのです。人は猿から進化したこともあり、木にぶら下がったり、ツタを引っ張ったりすることに対して、スムーズな動きとなるように形作られているのです。ですから物を投げる(投球動作)に関しては、関節に負担がかからないように投げるためのコツを身につけなければいけません。

加古川、こやま整骨院では野球経験のある柔道整復師が、投球動作について、故障をしないよう、関節に対して最適となるようなフォームを指導します。なかなか痛みが引かない方や、治ってもまた再発を繰り返している選手がいましたらお気軽にご相談くださいね♪

 

以下、その他肩関節に関する症状

・ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)
挫傷
腱障害
・肩甲上腕関節脱臼
・肩甲上腕関節不安定性
・関節唇断裂
・関連痛
頸椎
胸椎
筋膜組織
・鎖骨骨折
・肩鎖関節損傷
・その他の筋の断裂
大胸筋
上腕二頭筋長頭

:まれな原因:
・ローテーターカフ
断裂
石灰沈着性腱障害
・癒着性関節包炎
・上腕二頭筋腱炎
・神経絞扼
肩甲上神経
長胸神経
・骨折
肩甲骨
上腕骨頸
烏口突起の疲労骨折
・肩甲挙筋症候群
・肩甲上腕関節の関節炎
・腕神経叢
・一過性伝導障害(バーナー症候群)
・神経炎(ウイルス性)

:見逃してはならない原因:
・腫瘍(若年性骨腫瘍)
・関連痛
横隔膜
胆嚢
穿孔性十二指腸潰瘍
心臓
脾臓(左肩の痛み)
肺尖部
・胸郭出口症候群
・腋窩静脈血栓症

 

寒さと突き指、捻挫の因果関係

2017.01.23 | Category: お知らせ,未分類

こんばんは、加古川の整骨院、こやま整骨院のこやまです!
今日はすごく寒かったですね・・こやま整骨院のある加古川市内でも、昼間雪がうっすらと積もるくらいの寒さと雪(^^:)
整骨院では、姫路や神戸等、遠方から来院される予定だった患者様で、電車をご利用の方々はダイヤの乱れで大幅に遅れたり、来院することができなかったりで、大変な一日になってしまいました。
もう10年以上前に、富山県に住んでいたことがあったのですが、その時は、この時期になるとお店の雪かきからのスタートでした・・・
それに比べたら、ここ加古川は恵まれていると思わなければいけないですね(^^)
さてさて、実はこの時期、ぎっくり腰や寝違い等の患者様だけでなく、突き指や足首の捻挫など、突然の怪我が多いんです。なぜかというと、皆さんが普段何気なく使っている関節は無意識のうちに捻ったり怪我をしないように関節の角度を調整しながら使っているのですが、寒さで関節の角度を感知するセンサーが鈍ってしまっったり、筋肉の動きが鈍くなるからなんです。
開業して7年、12月と1月が突き指の患者様が最も多く、必ず寒さと突き指は因果関係があるでしょう!
1月も終わりに近づきましたが、あと1か月程度は厳しい寒さが続くと思います!
皆さんも体を動かす前に準備運動して、怪我の予防に努めてくださいね♪

加古川 こやま整骨院 アスリート紹介(マスターズ水泳)

2017.01.22 | Category: お知らせ,未分類

こんにちは!加古川の整骨院、こやま整骨院のこやまです。

今日はアスリート紹介♪

こちらはマスターズ水泳の藤波良子選手です。

IMG_0455

藤浪選手は肩の痛みを抱えながらも、毎日練習に励み、先日、大阪なみはやドームで行われた、新春マスターズスイムミート2017に出場しました!

そして藤浪選手は、以前マラソンのアスリート紹介で取り上げさせてもらった藤浪優選手のお母さんになります!以前は優さんも水泳をされていたそうです。

水泳にマラソン、どちらのスポーツも自分との闘いです。競技生活の中で、苦しいときもあるとは思いますが、親子2人でお互いに刺激を受けて切磋琢磨される姿はとても素敵ですね♪

今回はそんな水泳の選手に多いスポーツ障害について竹元先生からの紹介もあります!

 

加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
今日は水泳選手に多いケガというのを紹介させていただきます。

水泳は格闘技のような大きな外力自体かかることは少ないのでオーバーユースによるもの、つまり使いすぎによるものが多いのです。
たとえば水泳肩(スイマーズショルダー)というのがあります。
水中での推進力を生みだすのに大きくかかわるのはやはり肩関節です。
肩関節は膝や肘と違ってあらゆる方向に可動性をもっているので関節の固定を筋肉に依存しているのです。
そのため水泳のように肩を動かすと筋肉や腱、靭帯などはどうしても擦れてしまい、それが何度も続くことによって摩耗し痛みを出すことがあるのです。
筋肉に頼りすぎることでなりやすいので短距離のほうが多く、男性のほうが多いです。
クロールやバタフライで腕を前に伸ばしてから入水するときに腱が肩甲骨の靭帯にぶつかり擦れ、さらにそこから腕を引き寄せますのでさらにストレスが加わり炎症を起こすパターンが多いとされています。

治療としてはまずオーバーユースによって起こっている可能性が高いですので特に休養が必要となります。
当院で取り扱うスポーツ障害に強いエレクトロマイオパルスもより治療効果を高めることができます。

ですが痛み自体がなくなったとしても今まで通り練習をすればまたオーバーユースによる障害を起こすかもしれませんのでフォームの見直しや筋力トレーニングが大切になります。

肩以外にも腰痛や股関節痛、足首の痛みなどを起こす可能性もあります。
なにかスポーツ障害などでお困りであればお尋ねください。

腰の痛みの原因(ぎっくり腰は再発しない)

2017.01.20 | Category: お知らせ,未分類

家に帰ってコタツに入って仮眠のつもりが気づいたら朝の5時ってのが習慣になってきました(^^:)

加古川、こやま整骨院の木村です。
今日は「ぎっくり腰」についてお話しします。
ぎっくり腰とは急に起こる腰痛の事を指し、程度に関わらず、結構広い意味で使われていたりします。
朝起きると急に腰が痛くなって動けない、くしゃみをすると腰が痛くなった、腰に電気が走ったような痛みがあった。
などなどぎっくり腰と言われるものになります。
対処方法は患部を冷やす、ストレッチをして筋肉を弛緩させる。
等がありますが、腰痛の原因はかなり複雑で、対処方法によっては治るスピードがかなり変わってきます。

腰痛の原因について挙げていきます。
:一般的な原因:
・非骨性傷害
椎間板
椎間関節
・関節突起間部の疲労骨折(脊椎分離症)
・仙腸関節の損傷/炎症
・傍脊椎筋の殿筋のトリガーポイント
・股関節の病変

:まれな原因:
・椎間板脱出
・脊椎すべり症
・腰部不安定性
・脊柱管狭窄症
・椎体圧迫骨折
・線維筋痛
・リウマチ性疾患
・婦人科系疾患
・胃腸疾患
・泌尿生殖器系疾患

:見逃してはならない原因:
・悪性腫瘍
初期
転移
・類骨骨腫
・多発性骨髄腫
・重度の骨粗鬆症

上にあげた腰痛は、全体の15%と言われています。そしてそれ以外の85%は原因不明と言われています。そして、ぎっくり腰はこの原因不明と言われる85%の腰痛に該当するケースがほとんどです。

しかし、腰痛には必ず原因があります。たしかに一般的には原因不明と言われています。しかし、原因は必ずあり、適切な対処によって、痛みはもちろん再発もしません。皆様にこのことを知っていただくことが、こやま整骨院の役目だと思っています。

腰について気になる方は、病院や整形外科、整骨院をお探しの方は加古川のこやま整骨院までお気軽ご相談くださいね♪

骨盤のゆがみと足裏のアーチ(偏平足)

2017.01.18 | Category: お知らせ,未分類

加古川市の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
昨日足のアーチについてテレビでしていました。
尿漏れの原因は骨盤のゆがみにある、というものでした。
骨盤には骨盤底筋群というものがありこれが正常に働いていないといけないのです。
その骨盤のゆがみを誘発するもののひとつとして「偏平足」があるのです。
偏平足とは?
といいますと簡潔にいいますと足裏のアーチが低下して平らになったものです。

骨盤は前に倒れたようになる前傾と後ろに倒れる後傾、そして正常な位置があります。
なので前傾でも後傾でもなにかしらのデメリットがでてきます。

この正常な位置に骨盤をもっていく手段のひとつとして、人にもよりますが足のアーチの形成があるのです。
方法は足の親指の下のふくらみ、母指球といいますがこの手前側にギリギリかかるていどに四つ折りにしたティッシュをかませます。
これによりアーチ形成のキーストーンである舟状骨を持ち上げます。

一週間ほど続けますとアーチが形成され改善するといったケースがあります。

骨盤のゆがみは偏平足だけが原因というわけではなく、筋力の低下や柔軟性の低下などさまざまなことから起こります。
しかし、必ずしも悪影響をおぼよすかといいますとそうではありませんのでご安心ください。
加古川で整骨院をお探しの方、お体の不調で気になることがある方、こやま整骨院にお気軽にご相談ください。少しでも患者様の疑問がなくなるように丁寧説明いたします。

加古川 こやま整骨院 アスリート紹介(テニス選手)

2017.01.18 | Category: お知らせ,未分類

写真はテニスの末岡涼選手です。

IMG_0238

 

末岡選手は平成28年度兵庫県公立高等学校テニス大会、個人の部において上位8名に勝ち残り、近畿公立高等学校テニス大会個人の部への出場権を獲得しました。

なお近畿公立テニス大会、個人の部は平成29年2月5日に大阪のマリンパーク北村で開催予定です。

近年、兵庫県では相生学院や西宮甲英高等学院等、私立のテニス部が全国的にも有名です。そのような強豪選手がひしめき合う中で、末岡選手は関西ジュニアテニス選手権にも出場しています♪

このオフシーズンにしっかりと体を強化して、怪我のないように頑張ってくださいね!

 

加古川で整骨院をお探しの方、腰痛、肩コリでお悩みな方へ

2017.01.15 | Category: 未分類

こんにちは!

加古川の整骨院、こやま整骨院のこやまです♪

こやま整骨院では骨折や捻挫の症状はもちろんですが、肩こりや腰痛、ぎっくり腰の患者様の治療実績が豊富です。

肩こりを慢性だと思ってあきらめている方、長く続く腰痛を諦めている方、ぎっくり腰になって歩くのも困難な方。

豊富な実績と確実な技術、経験で、皆様のの症状を根本的に治していきます。

加古川の整骨院、こやま整骨院に是非一度ご相談ください。

こやま整骨院、アスリート紹介 スーパーライト級タイトルマッチ2017年1月28日

2017.01.06 | Category: お知らせ,未分類

当院のアスリート紹介にある、ベハラノ・ヒデキさんが、立ち技格闘技(RISE)スーパーライト級(65kg)タイトルマッチに出場します!
2016年はRISEを代表してキックボクシング世界一を決めるs-cupに出場し、1回戦では前回優勝者の鈴木博昭選手に対して延長戦にもつれこむ接戦を演じました。
判定では敗けてしまったのですが、鈴木選手が試合中に顔面を骨折したことによる棄権で2回戦に進出し、この戦いが評価され、試合後すぐにRISEでのベルトをかけたタイトルマッチが組まれることとなったようです。

鈴木選手の顔面を骨折させるほどの破壊する攻撃力!そして、そのパンチはトレーニングによってさらに進化しています!!

8e86841b

このタイトルマッチで勝利すると、RISEスーパーライト級チャンピオンとして、今後ますますの活躍が期待できそうですね♪

頑張ってください!!

当院へのアクセス情報

所在地〒675-0101 兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
予約予約優先制
電話番号079-490-3925
駐車場6台あり
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日