TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2016 11月の記事一覧

こやま整骨院アスリート紹介 女子マラソンランナー

2016.11.22 | Category: お知らせ,未分類

加古川のこやま整骨院からアスリートの紹介です。

こやま整骨院では多くのアスリートが来院し、スポーツコンディショニングを行っていますが、今日はその中の1人、女子マラソンランナーの藤波選手の紹介です。

img_0192

img_0318

 

フルマラソン、ハーフマラソンの結果一覧

マラソン 3:11:47  2015加古川マラソン  登録8位

ハーフ  1:31:10   2016.2丸亀ハーフ

10キロ  41:31     2015.1 たつの梅と潮の香マラソン3位

5キロ   19:35     2016.1 いなみ万葉マラソン2位

現在は仕事の傍ら、加古川市内を中心に、多いときは週に30~50㎞の距離を踏みながらトレーニングに励んでいます。

 

img_0317

(笑)

 

先日行われた2016神戸マラソンでは練習であまり距離を踏むことができずにあまり結果は良くなかったとのことですが、良い練習になって良かったとのこと。レース後に治療に来られましたが、フルマラソンを走った後とは思えないくらい、体には余裕が残っているようでした。フルマラソンのダメージはほとんどないようなので、これをステップに次の試合を目指していきましょう!

目標はフルで3:10:00を切って大阪国際女子マラソン出場!!

ベストタイムからわずか1分47秒でもう少しですね、頑張ってください‼

外反母趾に適しているシューズについて

2016.11.10 | Category: お知らせ,未分類

前々回のブログでは、外反母趾の簡単な対処法(主にシューズについて)を説明しましたが、今回はどのようなメーカーのどのようなサイズのシューズが最も外反母趾に適しているのかについて、嶋田先生が調べてくれました。

外反母趾に適しているシューズの選び方

外反母趾に適しているシューズは基本的には、横幅が広いものが良いといわれています。今回は、シューズの幅が外反母趾に適している幅広のサイズのものを、スポーツメーカーやサイズ表記の違いによってどのように選べばいいのかについて調べてみました。
まずはサイズからです。今回重要になってくるのが、足囲です。足囲は足の横幅が広い部分のことで、基本的に親指の付け根の骨が出っ張ったところから、小指の骨が出っ張ったところを言います。サイズとしてE、2E、3E、4Eとなっており、Eが標準、2EはEより少し幅が広くなっており、Eが増えると幅広となります。3E、4Eなどはワイドという表示のサイズとなります。サイズ面で外反母趾に適しているのは3Eや4Eのシューズが適しているといわれています。
次にスポーツメーカーについてです。いくつかピックアップをして比較していきたいと思いますが、今回は日本でもおなじみのニューバランス、アシックス、ミズノ、ナイキの4メーカーのシューズの特性などを比べていきます。まずはニューバランスからです。ニューバランスは日本人ランナーの中でも人気が高いブランドとして有名です。また、アメリカ生まれのブランドですが、日本人の足の型に合わせたシューズの開発を行っており、幅広で日本人にとってフィットするシューズとして有名です。次はアシックスです。アシックスは昔、日本人の足に合わないといわれていましたが、徐々に改良され、現在では少し幅広のシューズとなり、多くのランナーに支持されるようになっております。つぎはミズノです。ミズノもアシックス、ニューバランスと同様日本人向けに作られており、日本人の足にあっているようです。次にナイキです。ナイキのシューズは欧米人向けに作られているため、ニューバランス、ミズノ、アシックスに比べて幅が狭く、標準とされているEサイズでも少し狭く感じる方が多いようです。
以上のことから、ナイキ以外のニューバランス、アシックス、ミズノについては、4Eのサイズを選べば外反母趾に対して、一定の効果が得られると考えますまたナイキ以外のアディダスやディアドラなど海外のシューズに関してはやはり日本人向けには作られていないので、外反母趾の治療には適していないと考えます。

 

私自身様々な整骨院の勉強会などに参加させてもらい、なかにはインソールの勉強会に行ったり、インソール専門の業者様とお話させてもらう機会などもありますが、その中で、おすすめの靴とされるのがニューバランスであることが圧倒的に多い傾向があります。それはなぜなのでしょうか?

そもそもニューバランスのシューズというのは偏平足など、足の障害の元となるような状態の矯正を目的として作られたメーカーなのです。また、先ほど嶋田先生の説明でもありましたように足囲(ウィズ)でシューズのサイズを選ぶとする考え(ウィズサイイング)を世界で初めて製造販売しております。ですのでニューバランスのシューズは足を守るためのシューズであるということが言えます。一方ナイキのほうは少し幅が狭いかわりにフィット感が良く、どちらかといえばスポーツのために足とシューズと地面とのパワーロスをできるだけ少なくするように考えられた、スポーツのためのシューズと言えます。

最も良いシューズを追及していくと、最終的には裸足には勝てない、というのがインソールやシューズを専門でやっている方の意見だそうです。まあ裸足で歩くというわけにはいかないので、やはり用途によって使い分けることが重要と言えそうですね。

☆加古川・東加古川のスポーツコンディショニング、外反母趾の治療、スポーツ障害、肩こり、腰痛、骨盤矯正、交通事故治療、ムチウチのことならこやま整骨院へ、丁寧に施術いたします☆

 

こやま整骨院 アスリート紹介(マラソンランナー)

2016.11.01 | Category: お知らせ,未分類

今日はマラソンランナーの紹介です。

3f6dc8f5

東根昭三選手です。
日々のトレーニングを怠らず、マラソンはここ20年間、4時間を超えたことがない東根選手。
先日も四万十川ウルトラマラソンに出場し、100kmを見事完走されました。この四万十川ウルトラマラソン、距離が長いだけでなく、最大高低差が600mもあり、かなり過酷なコースと言われています。
今回の大会は友人の伴走ということで、記録は13時間代でしたが、過去には10時間18分で年代別部門でも21位に入りました。
ご本人曰く、70km地点を超えたくらいからがスタートのようなもの、らしいです(笑)
たしかに四万十川を巡る雄大な景色を眺めながらのランニングは気持ちがよさそうですが、フルマラソンすら走ったことのない私には、ウルトラ(100km)の過酷さは想像できませんね(^-^;

他にも、最近では篠山マラソン、京都マラソンでは3時間前半で完走し、2時間代も目前に迫っています。

春頃には、半月板を痛めるアクシデントがありましたが、今ではほとんど痛みがなくなり、練習量を増やせるよういなっています。

今後の記録更新が楽しみですね!

2014年10月19日 第20回四万十川ウルトラマラソン(100km)完走 タイム10時間28分28秒
2015年10月18日 第21回四万十川ウルトラマラソン(100km)完走 タイム10時間18分24秒
2016年10月16日 第22回四万十川ウルトラマラソン(100km)完走 タイム13時間34分48秒

2014年3月2日   第34回篠山ABCマラソン大会 記録3時間13分51秒

2016年3月6日   第36回篠山ABCマラソン大会 記録3時間25分25秒
2015年2月15日  京都マラソン大会 記録3時間16分43秒
cdffafaa 44539885 217a4207 6e686542 5a75a07b

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒675-0101 兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
予約予約優先制
電話番号079-490-3925
駐車場6台あり
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日