TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > ガングリオンの症状と標準的な治療方法

ガングリオンの症状と標準的な治療方法

2017.11.30 | Category: 未分類

こんにちは!
加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
今回はガングリオンというものについてお話しします。
まずガングリオンという言葉を聞いたことがない方もおられると思います。
これは脂肪の塊のようなもので身体のほとんどどんなところにでもできます。
良くみられるのが女性の方の手首付近です。
大きくなりますと見た目がかなり膨れて見えますので一目見ればわかるケースもあります。
原因は詳しくは分かっていませんが良く言われるのは古傷があった場所にできやすかったりストレスからできたりすると言われています。
確かに古傷なんかがありますとその傷を少しでも和らげようと身体が防御反応を起こして脂肪の塊を作り守ろうとするのかなと思います。
特に場所的に害がなければ放置していても問題ないのですが神経を圧迫したり痛みが発生するような場所にできてしまうと観血療法の適応になる場合もあります。
または注射で抜くこともできますがガングリオンは再発しやすいですのであまり観血的な処置や無理な治療は行いません。
ただ女性の方であれば見た目を気にされる方が多いと思いますので結果的には何らかの処置を行うことが多くなるでしょう。
血流の悪い部位なんかでも多いと言われています。
なのでどういった原因があるのかはなかなかわからないと思いますが怪我が起こっていた場所やストレスなんかは要因として大きいとは思います。
なので神経を圧迫したり痛みや生活に不自由ないぶんに関しましては無理に処置を行うこともないかと思います。
ただ僕たちが治療している中でもこういった脂肪腫、いわゆるガングリオンは診られますので少しお話しさせていただきました。
もしも気になることがあればなんでもお聞きくださいね!

当院へのアクセス情報

所在地〒675-0101 兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
予約予約優先制
電話番号079-490-3925
駐車場6台あり
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日