TEL LINE

≪膝の痛みや不調はあきらめることなく加古川のこやま整骨院の施術で改善を目指しましょう≫

膝は年齢を重ねると共に軟骨などがすり減り、痛みや不快感などの症状があらわれやすいですが、中には骨格や骨盤などの歪みが原因となり無理な負荷がかかり、症状を引き起こしている場合もあります。加古川のこやま整骨院では、膝の痛みや不快感の根本原因を突き止めて改善へと導き、不調のあらわれにくい丈夫な身体づくりをめざしてサポートしております。膝の痛みや不快感を「もう歳だから・・・」とあきらめることなく、まずは一度加古川のこやま整骨院までお気軽にご相談ください。

膝はわたしたちが日常生活での動作をスムーズに行なうためには必要不可欠な部分で、痛みや不快感があると歩行や走行、階段の上り下り、かがむ、ジャンプする、座るなどの動作に支障をきたしてしまう場合もあります。加古川のこやま整骨院では膝の痛みや不快感などでお悩みの方をこれまでにも多くサポートし、早期回復と再発防止を目的とした施術でご対応してきた豊富な実績がございます。お一人おひとりの症状やお身体の状態、日常生活での姿勢・動きなどにも着目して根本改善を図ります。スポーツなどで傷めた膝についてもサポートしておりますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

今から少し膝についてお話ししていきます。膝関節は普段生活している中でも毎日使われ、そして重力によってかかる負荷も大きくなってきます。歩行周期の中でも両足とも接地している時期もありますが片足立ちの状態になっている時期もあり、特にこの時期にかかる膝への負担は体重の重さよりもはるかに大きな負担となります。そして人の身体は老化していくにつれてだんだんと水分が少なくなっていくのですが膝の軟骨の水分も同時に少なくなっていきます。そして弾力性の低下がみられ、軟骨が削られていくことが多いです。結果的にこういった過程から変形性膝関節症になってしまうこともあります。この膝の軟骨が少しずつ削られていき骨へ達すると膝の痛みに繋がります。膝のみならず他の関節も同じなのですが関節軟骨という軟骨組織に置き換わり動きをスムーズに、そしてクッションの役割を果たしてくれたりします。なのでこの形態が崩れてくると炎症を起こしたり痛みになってくることがあるのです。基本的にはこの場合、画像診断が必要になったり触診での熱感の有無の確認であったり必要になります。もしも膝の熱感がみられる場合はこの熱感が落ち着くまで膝の安静を保たなければなりません。そのうえでさらに必要な治療を施していきます。

また膝関節付近は先ほど述べた軟骨のすり減りからくる痛み意外にもさまざまな疾患があります。例えばスポーツをされている方は一度はお聞きしたことがあるかもしれませんが半月板の損傷です。激しい動き、大きな外力が加わらない方はほとんど起こることはありませんがスポーツや事故などの大きな外力が加わる場合には膝の半月板を損傷してしまうことがあります。テスト法にはアプレー検査やマックマレー検査、ワトソンジョーンズ検査法などがあります。確実に検査するには、半月板は線維軟骨と呼ばれる軟骨組織になりますのでレントゲンでは映らず、MRIが必要になってきます。症状としては膝崩れといった現象が起こったり、パキッと音が鳴るクリック音がなったりするうえ激痛が走ります。基本的には生活に支障をきたさない場合やスポーツをプレイするうえでほとんど害のない場合であれば保存的な治療を行います。まだ骨がしっかりとできあがっていない10歳前後の子供さんの場合はオスグッド・シュラッター病という膝のスポーツ障害を起こしてしまうこともあります。この場合は膝のお皿の下に出っ張り感がでたり少し温かくなったりします。そして太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の強い収縮力を使えば使うほど症状は強くなってしまったりします。このオスグッドになってしまった場合は先ほど述べた大腿四頭筋のストレッチを行ったりテーピングを施したりアイシングを行ったりしてこやま整骨院では治療していきます。その他スポーツ障害では腸脛靭帯炎といった疾患もあります。これは骨盤からの筋肉が靭帯へ変わり膝の外側へ付着するのですがこの腸脛靭帯が何度も擦れて、また使われて炎症を起こすものです。なのでマラソンをされる方に多くランナーズニーと呼ばれることもあります。他にはジャンプ競技におけるジャンパーズニーとよばれるものもありますがそのスポーツの動きの特徴からそれだけ膝の関節を痛めやすいということがわかります。膝には色んなタイプの痛みがありますが「膝」というのにも膝の関節自体に原因があったり膝関節付近に原因があったりします。先ほどオスグッドについて少し触れましたがこのオスグッドに似たような症状がでるのが膝蓋靭帯炎です。これは膝の関節ではなく、お皿(膝蓋骨)の下にある膝蓋腱という部位が炎症を引き起こします。痛みといっても関節や靭帯、関節軟骨意外にも単純にコリからの痛みが膝にでることもあります。膝に何かしら異常が起こると膝蓋骨周りに硬いコリができてきやすく、のコリがあるとそれが原因で膝に痛みがでるように感じることがあります。原理的には膝だけではありませんがこういったコリは、痛みを引き起こすトリガーポイントになっていることが多いです。そのコリはどこにでもできますが膝のお皿の周りに出ることが多いです。なのでこのコリを取っていってあげると比較的、以前より痛みは楽になります。

膝は一言で言えますが膝は膝でも膝関節であったりその関節付近であったり意外にも漠然としています。膝に発生する痛みも大体の場所はわかりますがピンポイントでここと指すのは難しいでしょう。ということはその鑑別もしっかりとしていかないと誤診にもつながります。ほとんどの部位に言えることではありますが膝は特に荷重がかかる部分でもあり負傷しやすく、膝に痛みが出ると歩くのも辛く感じます。関節内の疾患なのか関節外の疾患なのかしっかりと見極めて治療を行っていきます。

年代やスポーツの背景、痛む場所や熱感、そして画像診断を頼りに膝のどの部位が負傷しているのかを追っていかなければなりません。そしてその方の生活スタイルにあった治療を行っていかなければならないとこやま整骨院では考えておりますのでしっかりと膝の症状についても治療させて頂いております。

当院へのアクセス情報

所在地〒675-0101 兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
予約予約優先制
電話番号079-490-3925
駐車場6台あり
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日