TEL LINE

加古川 こやま整骨院 アスリート紹介(マスターズ水泳)

こんにちは!加古川の整骨院、こやま整骨院のこやまです。

今日はアスリート紹介♪

こちらはマスターズ水泳の藤波良子選手です。

藤浪選手は肩の痛みを抱えながらも、毎日練習に励み、先日、大阪なみはやドームで行われた、新春マスターズスイムミート2017に出場しました!

そして藤浪選手は、以前マラソンのアスリート紹介で取り上げさせてもらった藤浪優選手のお母さんになります!以前は優さんも水泳をされていたそうです。

水泳にマラソン、どちらのスポーツも自分との闘いです。競技生活の中で、苦しいときもあるとは思いますが、親子2人でお互いに刺激を受けて切磋琢磨される姿はとても素敵ですね♪

今回はそんな水泳の選手に多いスポーツ障害について竹元先生からの紹介もあります!

 

加古川の整骨院、こやま整骨院の竹元です。
今日は水泳選手に多いケガというのを紹介させていただきます。

水泳は格闘技のような大きな外力自体かかることは少ないのでオーバーユースによるもの、つまり使いすぎによるものが多いのです。
たとえば水泳肩(スイマーズショルダー)というのがあります。
水中での推進力を生みだすのに大きくかかわるのはやはり肩関節です。
肩関節は膝や肘と違ってあらゆる方向に可動性をもっているので関節の固定を筋肉に依存しているのです。
そのため水泳のように肩を動かすと筋肉や腱、靭帯などはどうしても擦れてしまい、それが何度も続くことによって摩耗し痛みを出すことがあるのです。
筋肉に頼りすぎることでなりやすいので短距離のほうが多く、男性のほうが多いです。
クロールやバタフライで腕を前に伸ばしてから入水するときに腱が肩甲骨の靭帯にぶつかり擦れ、さらにそこから腕を引き寄せますのでさらにストレスが加わり炎症を起こすパターンが多いとされています。

治療としてはまずオーバーユースによって起こっている可能性が高いですので特に休養が必要となります。
当院で取り扱うスポーツ障害に強いエレクトロマイオパルスもより治療効果を高めることができます。

ですが痛み自体がなくなったとしても今まで通り練習をすればまたオーバーユースによる障害を起こすかもしれませんのでフォームの見直しや筋力トレーニングが大切になります。

肩以外にも腰痛や股関節痛、足首の痛みなどを起こす可能性もあります。
なにかスポーツ障害などでお困りであればお尋ねください。

当院へのアクセス情報

所在地〒675-0101 兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
予約予約優先制
電話番号079-490-3925
駐車場6台あり
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日