TEL LINE

アキレス腱

≪アキレス腱の痛みや不快感などそのまま放置せず早めに加古川のこやま整骨院までご相談ください≫

アキレス腱のケガへの対応実績も豊富な加古川のこやま整骨院では、症状の悪化を防ぎ早期回復を目指せるよう、できるだけ早い段階での施術開始をおすすめしております。アキレス腱は日常生活やスポーツなどでも負担がかかりやすい部分で、損傷や断裂などのケガも起こりやすいといえます。普段の生活をしている分にはよほどでない限りアキレス腱が断裂するということはありませんが、何かの拍子に痛みもなく断裂することもあります。

アキレス腱の損傷はスポーツでは急に勢いよく走り始めた際やジャンプをした際、他の選手と衝突した際などに起こしてしまうことがあり、少しの痛みだから大丈夫と我慢をして練習や試合に参加していると症状が悪化し、最終的に負荷がかかり過ぎて断裂してしまうケースもあります。加古川のこやま整骨院ではスポーツでのケガは初めの段階で適切な処置を受けることが、悪化を防ぎ早期回復へ繋がると考えておりますので、少しでも痛みや不快感があらわれた場合には早目の受診を心がけてください。

アキレス腱の損傷はスポーツでは急に勢いよく走り始めた際やジャンプをした際、他の選手と衝突した際などに起こしてしまうことがあり、少しの痛みだから大丈夫と我慢をして練習や試合に参加していると症状が悪化し、最終的に負荷がかかり過ぎて断裂してしまうケースもあります。加古川のこやま整骨院ではスポーツでのケガは初めの段階で適切な処置を受けることが、悪化を防ぎ早期回復へ繋がると考えておりますので、少しでも痛みや不快感があらわれた場合には早目の受診を心がけてください。

足には踵骨というかかとの骨がありますがまだ骨化が完成していない子供ではアキレス腱の牽引によって少しずつ引っ張られ、炎症を起こしてしまうことがあります。特に肥満傾向のある子供に多いのですがこれをセーヴァー病といいます。アキレス腱によって踵の骨が引っ張られるのでこれを避けるためにつま先立ちになることもあります。膝に多く起こるオスグッド・シュラッター病という骨端症がありますがこれは膝のお皿の下の脛の骨が引っ張られ、少しずつ出っ張ったようになってきますがこのセーヴァー病もかかとのアキレス腱付着部付近が出っ張ったようになってきます。

骨端症とよばれる骨に起こる疾患以外にも当然アキレス腱自体に症状がでることもあります。腱には動かしやすくするための腱鞘という鞘が備わっていますがこの腱鞘との擦れが何度も起こることで炎症に繋がることがあります。またはアキレス腱にかかる負荷が大きい場合は部分的に断裂したり、完全断裂を起こしてしまうケースもあります。足は歩くためには必ず使いますので基本的にはアキレス腱のケガの治療には時間がかかります。足首を上に上げるような動作が踵骨を引っ張ることになりますのでまずはこの動きを制限するためにテーピングを施します。セーヴァー病やアキレス腱の小さな断裂であればテーピングをしっかりと施し、足の安静を保ちます。ただ完全断裂してしまった場合は断裂端同士をくっつけて固定する必要がありますので力の強い足の場合、ケースによっては手術が必要になってしまうことがあります。またアキレス腱を完全に断裂してしまった場合、組織が修復された後その修復された部位は断裂前に比べてかなり強靭になり、柔軟性にも乏しくなります。なのでこういった部位は同時に血流が悪くなってしまい、足首の動きが悪くなってしまったり足が疲れやすくなってしまったりしますのでマッサージやストレッチを行って血行を促してあげることで足が楽になることが多いです。

当院へのアクセス情報

所在地〒675-0101 兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
予約予約優先制
電話番号079-490-3925
駐車場6台あり
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日