TEL LINE

【症状】

MP関節掌側の腱鞘におきる腱鞘炎です。指の屈強や伸展時にカクカク・一時的に止まってから伸びるばね(弾発)のようなことが起きます。よく起きる場所としては親指ではIP関節、他の指ではPIP関節です。IP関節とはいわゆる第一関節とよばれる部位で爪に最も近い関節でPIP関節とは第二関節と呼ばれる部位になります。それも指の中でも親指やそれ以外の指などで比較するとばね指が起こりやすくなる場所は変わってきますので注意が必要です。また指を曲げたときや伸ばした時にカチッとロッキングされるようなこともあります。それがロッキングフィンガーと呼ばれる症状になります。

【原因】

症状が出やすい関節周辺に硬くなった腱があり、使い過ぎることで腱が肥厚します。その肥厚した腱が腱鞘とすれたり骨のでっぱりと引っかかることで痛さや、ばね現象が起こります。基本的には指のオーバーユース、ホルモンからくる体質的な原因などが挙げられ、そういったことから指の可動域に影響を及ぼします。特に手先を良く動かす人や手先を酷使する仕事、更年期や周産期の女性に多くみられる症状です。

【治療法】

まずは手先の動作を控えること、これで治ることもありますが、大抵の人は仕事などで使っているため難しいです。しかし逆に治しやすかったりする方もいます。理由としては、頻度を上げて治療を行うことができれば早く治る症状です。治療法としてはこやま整骨院ではNASAが開発したマイオパルスやアキュースコープを使用します。この二つは組織の修復を促します。組織修復と共に関節の運動を行っていきます。ここが凄い大事です!運動をして腱のストレッチをし動きやすくします。場合によってはテーピングで患部を固定し安静にさせます。これを毎日でも続けていけば早く治ります。相談したいことがあればこやま整骨院までご連絡ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒675-0101 兵庫県加古川市平岡町新在家1588-74 サニーコート1B
予約予約優先制
電話番号079-490-3925
駐車場6台あり
休診日火曜日・金曜午後・日曜午後・祝日